「子供の反抗期はなしでいい」 シングルマザーが語る切実な理由

「子供の反抗期はなしでいい」 シングルマザーが語る切実な理由

「子供の反抗期はなしでいい」 シングルマザーが語る切実な理由

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

中学生から高校生にかけて多くの人に訪れる反抗期。不安定になる人もいるが、自我が芽生えて独り立ちし始めるという意味で、大事な役割を持っている。

だが、親の中には「反抗期は来ないでいい」と考える人もいるようだ。

■3割弱は「反抗期はなくていい」

©sirabee.com

しらべぇ編集部が行なった調査では「子供の反抗期はないほうがいいと思う」と回答した人は全体の27.5%。男性のほうが女性よりも少し多い結果となった。

■元ヤンの親は子供の反抗期を敬遠

©sirabee.com

特徴別に見ると、「昔、ヤンキーだった」と答えた人はそうでない人に比べ10ポイントほど該当率が高い結果に。

「どう扱ってほしいのかわかるから別に平気なのでは?」と思いきや、子供には同じ道を辿ってほしくないと考えている人も多いようだ。

■シングルマザーが語る「反抗期はなしでいい」理由

しらべぇ取材班は、小学5年生の男子を育てるシングルマザーの女性(40代)に話を聞いた。

「息子には少し前から『反抗期は禁止ね』って話しています。うちは母子家庭だし、反抗期になったら家の中から会話がなくなる、そうしたらあなたも辛いでしょって。

私も頑張って働かないといけないわけだし、今でも十分忙しいから、正直彼のイライラに付き合えるリソースもないってのもありますね。

当人はまだなにも感じていないのかそっけない態度ですけど、もし暴れたりしたら自己嫌悪になるだろうし。正直なところ、もし反抗期になってもイライラの矛先は私じゃなく先生にしてほしいかな(笑)」

日本に100万人以上いるとされているシングルマザー。他の兄弟姉妹がいる場合はまた違ってくるだろうが、たしかにひとつ屋根の下で反抗期の子供とふたりきりというのは、なかなか大変だろう。

自立という意味で大事なことは理解しつつも、それを受け止める余裕がない人も多いのかもしれない。

・合わせて読みたい⇒ママとデートする「ママっ子男子」が炎上! 母親に対し厳しい意見も

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

? 調査期間:2016年4月22日〜2016年4月25日

対象:全国20〜60代の子供がいる男女630名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)