試験本番に弱い人の特徴って?低年収者と未婚者に多い結果に

試験本番の強さについて男女1365名に調査 弱い人は低年収者と未婚者が多い傾向 

記事まとめ

  • 試験本番の強さについて、20〜60代の男女1365名に対し調査が行われた
  • 「試験に強かった」と回答した人は全体の3割で、高年収者ほど試験に強い結果になった
  • また、既婚者が34%だったのに対し、未婚者は23%と10ポイント程度低い数値に留まった

試験本番に弱い人の特徴って?低年収者と未婚者に多い結果に

試験本番に弱い人の特徴って?低年収者と未婚者に多い結果に

試験本番に弱い人の特徴って?低年収者と未婚者に多い結果に

(?ぱくたそ)

人生は長い長いレース。高校・大学の入学試験や就職活動の面接試験、資格試験など、常に試され続けて生きていくものだ。

だが、そこで実力を発揮できるかどうかは人によって大きく異なる。普段以上の成績を残し華麗にパスしていく人がいる一方、大事な場面で実力を発揮できないままの人も少なくない。

では、一体どんな人が試験に強い(強い)のだろうか。

■試験本番に強かった人は3割

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1365名に調査を行なったところ「試験では本番に強かった」と回答した人は全体の3割。

全体で見れば「普通」「弱い」と考えている人が圧倒的に多いようだ。

■高年収者は試験にも強かった

©sirabee.com

年収別で見ると、高年収者ほど試験本番に強いという結果に。300万円未満の層と比較すると、20ポイント以上もの差がついている。

大事な場面でしっかり結果を残せる勝負強さがあるからこそ、高年収に繋がっているのだろう。

■結婚の決意にも影響?

©sirabee.com

特徴別に見ると、既婚者と未婚者の間で顕著な違いが見られることも判明。既婚者が34%であったのに対し、未婚者は23%と10ポイント程度低い数値にとどまったのだ。

その後の人生を大きく左右する結婚を決意できるかどうかにも、ある種の勝負強さは反映されているのかもしれない。

・合わせて読みたい⇒面接で趣味の同人活動に「中身を確認させてもらう」 賛否両論の声

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

? 調査期間:2016年4月22日〜2016年4月25日

対象:全国20〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)