隠しキス、ハグ、壁ドン…アイドルの「過激すぎるチェキ会」に騒然

男性タレントの『チェキ会』で『ハグ』や『隠しキス』 HKT48の指原莉乃が驚愕

記事まとめ

  • AbemaTVで男性タレントの過激すぎる『チェキ会』について放送され話題を呼んでいる
  • 『チェキ会』では、ファンが対象のタレントとツーショット写真を撮ることができる
  • 『ハグ』や『隠しキス』などのポーズにも対応しており、指原莉乃は驚いた様子だった

隠しキス、ハグ、壁ドン…アイドルの「過激すぎるチェキ会」に騒然

隠しキス、ハグ、壁ドン…アイドルの「過激すぎるチェキ会」に騒然

隠しキス、ハグ、壁ドン…アイドルの「過激すぎるチェキ会」に騒然

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

かつて、手の届かなかった芸能界のアイドルやタレントとも、握手会やサイン会などで気軽に会いにいけるようになった昨今。

しかし、中には過激すぎる会も…。23日放送の『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)での「チェキ会」が話題を呼んでいる。

■隠しキス、ハグ、過激な「チェキ会」

番組では、男性タレントたちの「チェキ会」に密着。このチェキ会では、ファンが対象の俳優やタレントとツーショット写真を撮ることができ、価格は、通常チェキが1,000円、サインつき1,500円、メッセージつきが2,000円となっている。

また、ここでは、「壁ドン」や「ハグ」や「隠しキス」などのポーズにも対応しているようだ。タレントのひとりは「会いに来て後悔させたくないように」という思いでこの撮影に取り組んでいるという。その甲斐もあって、チェキ10枚を頼むファンも…。

この様子を見て、HKT48の指原莉乃(24)は笑いながらも「(ファンを)あんなに大事にするんですね」と驚いた様子だった。

■AKBの写メ会は厳しい

ファンとの距離が近い男性タレントたちのチェキ会。一方、AKBの写メ会はかなり厳しいようだ。

指原によれば、AKBではハートマークのポーズ以外で体が触れることはNGだという。ハートではなく「円」にするとアウト、『E.T.』のように指先が触れ合うのもダメなよう。

そのため、チェキ会について「あんなに密着することはないかも…」と感想をもらした。

■恋人が握手会に…「許せる」が5割以上

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,500名に「アイドルなどの握手会」について調査したところ、「恋人が握手会に行っても許せる」と回答したのは半数以上という結果に。

©sirabee.com

女性のほうが9ポイントほど厳しい傾向に。しかし、ハグや隠しキスをしていると知ると、また結果は変わるかもしれない。

「過激すぎる」との声もあるが、ファンたちにとっては夢のある時間を過ごせる良い機会だろう。

・合わせて読みたい→現役アイドルたちが衝撃告白 「舞台の上でオナラ」は常識?

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年6月25日〜2014年6月27日
対象:全国20代〜60代の男女1500名(有効回答数)