『東京ビアウィーク』開催 140種類を超えるクラフトビールの世界がヤバい

『東京ビアウィーク』開催 140種類を超えるクラフトビールの世界がヤバい

『東京ビアウィーク』開催 140種類を超えるクラフトビールの世界がヤバい

©sirabee.com

夏に向かって気温が少しずつ上昇し、ビールが美味しい季節になってきた。そんな中、今日から6/11(日)まで大規模なイベントが東京都内で開催されることはご存知だろうか。

その名は「東京ビアウィーク2017」。期間中さまざまな店舗で、個性あふれるビールのイベントが集中的に開催される。

■ビール盛りだくさん

5/27と5/28の2日間は、東京・表参道駅が最寄りの2箇所の会場で、午前11時よりキックオフイベント開始。

そのうちCOMMUNE 2nd(コミューンセカンド)内には、140種を超えるボトルビールが陳列されている。

アメリカやヨーロッパ、カナダにオーストラリアまで各国のクラフトビールを、早い者勝ちで気軽に楽しむことができる。

©sirabee.com

キックオフ前日、マスコミ向けにクラフトビール先行試飲会が行なわれ、珍しいクラフトビールも数々を試飲したので、いくつかご紹介しよう。

(1)華やかラズベリー風味

ラズベリー果汁を加え醸造したフルーツビールタイプ、スプリングバレイブルワリー「JAZZBERRY」(ジャズベリー)。(日本の酒税法上の区分では発泡酒)

本格的かつ、フレッシュなホップの香りで、ラズベリーの風味が優しい。

©sirabee.com

グラスを揺らすと、ほのかに甘い匂いが広がり、軽い飲み心地で何杯でもいけそうだ。

©sirabee.com

今回の試飲会取材では、イタリアンメニューとセットにして試飲したが、果物を使ったマリネにも最高にマッチした。

©sirabee.com

世にも珍しいルビー色のビールは、見ているだけで華やかで初夏にピッタリの美しさだ。

(2)修道院が作っているビール

味もさることながら、醸造されるまでのバックボーンも味わい深い「シメイ・グランドリザーブ・エイジドオーク」。

こちらのクラフトビールは、ベルギーとフランスの国境近くにある、スクールモン修道院で醸造されている。

©sirabee.com

11世紀頃より作られたこのビールは、修道士が自ら醸造したり、修道士や修道女が監督をしながら作られている。

©sirabee.com

ヨーロッパではペスト菌やコレラ菌が生水から感染することをもあったため、ビールをつくる修道院があり、健康的な飲み物として考えられてきたという。

肝心なお味は深みがあって濃厚。肉料理にもフィットする爽やかさを兼ね備えていた。

(3)コーヒー風味のビール

こちらは、深煎りローストの珈琲豆を使って醸造した、常陸野ネストビールの「スプレッソスタウト」。

©sirabee.com

その昔、ロシアの皇帝に愛されたインペリアル・スタウトというビールをベースに、珈琲豆を発酵時に漬け込んで仕上げた一品。

そのまま飲んでも美味しいが、たとえばこのようなティラミスに…

©sirabee.com

スプーンで数杯、ビールを垂らしていただくと一気に大人の味わいに。

©sirabee.com

即席「デザートビール」の完成だ。こんな、さりげなくオシャレなこともできるなんて!

このビールを製造する木内酒造合資会社の専務取締役・木内洋一さんも自信の笑顔をみせてくれた。

©sirabee.com

6月4日には、本イベントの一環で、東京・千代田区の「常陸野ブルーイング・ラボ」というビアバーで、チーズとビールのペアリングを体験できるイベントが行なわれるそうだ。

クラフトビールとは「小規模な醸造所で職人が作る、伝統的で高品質なビール」のこと。

醸造家の自由な発想によって、じっくりと手間をかけたビールが世界中で作られている。

この機会に、より一層ビールの世界に触れてみては?

・合わせて読みたい→チロルチョコが「お酒のつまみ」になる!?おつまみチロルが想像を超えてた

(取材・文/しらべぇ編集部・大木亜希子 取材協力/東京ビアウィーク2017)

関連記事(外部サイト)