理由はアレか? 野外ロックフェスで元気がなかった関ジャニ∞横山

理由はアレか? 野外ロックフェスで元気がなかった関ジャニ∞横山

理由はアレか? 野外ロックフェスで元気がなかった関ジャニ∞横山

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。関ジャニ∞が野外ロックフェス『METROCK 2017』に出演しました。

村上信五くんが元気に叫び、渋谷すばるくんがTシャツを脱いで自分の乳首をイジるなど、メンバーはノリノリだったなかにひとり、横山裕くんは元気がなかったそうです。

なぜなのか、調べていきましょう。

(画像は妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」 | Bunkamuraのスクリーンショット)

■音楽好きの関ジャニ∞は…

関ジャニ∞がバンドを始めたのは10年以上前。きっかけはジャニーさんの思い付きだったと思われます。実際に楽器をさわり音楽に興味をもつメンバーが増えました。

渋谷すばるくんは自分のラジオ番組に甲本ヒロトを呼んだことも。「METROCK」では、自分たちの出演前に好きなバンドを見るメンバーもいたほどです。

安田章大くん、大倉忠義くん、村上信五くんはWANIMAを、錦戸亮くんと丸山隆平くんがSuchmosを見ていた、などの目撃情報がありました。

■昼にはミュージカル出演した横山くん

メンバーが観客としてロックフェスを楽しむ当日、横山くんだけは昼から主演ミュージカル舞台に立っていました。

ミュージカルは手塚治虫のマニアックな漫画「上を下へのジレッタ」が原作、歌はすべて書き下ろし。

歌唱力がある中川翔子や、バンド「在日ファンク」浜野謙太などが本気で歌い上げ、横山くんも生歌を披露しています。

中居正広くんやKis−My−Ft2の舞祭組など、音痴なジャニーズの陰に隠れていますが、横山くんもじつは歌が苦手。

関ジャニ∞のライブは口パクではなく生歌を披露するため、横山くんはリズムや音程がつかめないようすがときどき見られます。

■疲労困憊だった理由は…

歌が弱点の横山くんが、たくさんの歌を披露する本格ミュージカルに主演。記者会見では「ボイトレもしたんですけど、不安です。しんどいです」と全力で弱音を吐いていました。

主演の自分だけ、歌に実力が伴わず、残りのキャストは歌唱力のある人ばかり。横山くんは気を使い、キャストみんなに食事をごちそうしたり、温かいケータリングを注文したりすることもよくあるそうです。

昼から苦手なミュージカルと格闘したあと、夕方にロックフェス。だから、ひとり疲れた表情でステージにたったんですね。

■売れっ子でも仕事を選べないジャニーズ事務所

なぜ歌が得意ではない横山くんに、歌謡劇の仕事が来てしまったんでしょうか。関ジャニ∞ファン(30代女性・広告代理店勤務)は…

関ジャニ∞ファン:今回のキャスティング、原作漫画の登場人物とみんなそっくりなんですよ! しょこたんもハマケンもキャラクターそのもの。

面長で鼻筋の通った主人公は横山くんそのまま! 事務所が外見だけで勢いよく企画しちゃったんじゃないでしょうか。

横山くんは35歳。そこそこの知名度を獲得してるはずですが、それでも仕事を選べない。ジャニーズ事務所の無茶ぶり人事を痛感しました。

・合わせて読みたい→動員数伸び悩むセクゾ コンサートでジャニーズ事務所が必死の演出??

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原)