極楽とんぼら芸人が「闇営業」を暴露 「取っ払いで15万円もらった」

極楽とんぼら芸人が「闇営業」を暴露 「取っ払いで15万円もらった」

極楽とんぼら芸人が「闇営業」を暴露 「取っ払いで15万円もらった」

(画像はInstagramのスクリーンショット)

所属している事務所を通さずに仕事をするという「闇営業」は、収入が少ないタレントにありがちといわれている。

25日放送の『極楽とんぼKAKERU TV』(AbemaTV)で、極楽とんぼのふたりが過去におこなった闇営業を明かした。

■芸人同士で闇営業を暴露

番組では「Gスタイルダンジョン」という芸人同士のラップ対決を放送。バトルする相手にディスを吐き、どちらが強いかを決めるというもの。

その中で、とろサーモン・久保田和靖(37)とダイノジ・大地洋輔(44)が対戦。最初こそ軽いディスだったものの、次第に内容はディープなものに。

久保田は「お前の暴露を落とすわな。聞いとけ吉本の社員。こいつはスケジュール2枚あるわ。正規のスケジュールと闇のスケジュール」と大地の闇営業を暴露。

突然の闇営業の暴露に動揺する大地だったが、「お前、闇営業でハワイに行ってんだろ。ネゴシックスと一緒にハワイに直営業。そんなの聞いたことねえ」と暴露で切り返した。

■極楽とんぼも闇営業の経験アリ

審査員の加藤浩次(48)は闇営業について「俺はもっとやってたよな。カラオケビデオ出演を闇でやった。取っ払いで15万円ずつもらったよな」と自ら告白。相方の山本圭壱(49)も「やったやった」と続いた。

また、話題はこれまでやった闇営業に。山本が「今までどういう闇営業やったの?」と聞くと、大地は「老人ホームの慰問」、久保田は「キャバ嬢の犬の散歩」と告白。「それ本当に闇なのか!?」とスタジオは爆笑に包まれた。

■4割が「人に言えない秘密がある」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「秘密」について調査したところ、4割が「話したいけど人に言えない秘密がある」と回答。

©sirabee.com

半数には満たないものの、誰にも言えずに抱えている秘密があるという人はいるようだ。

極楽とんぼからの闇営業の告白に若手芸人らも動揺し、「そこ広げちゃダメでしょ」と思わずツッコんでいた。朝の顔になって長い加藤だが、やはり狂犬ぶりは健在のようだ。

・合わせて読みたい→矢口真里、汚れキャラで勝負? 「胸がスゴく大きくなってきた」と悩み明かす

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)