お金に執着がない人でも憧れる! 「セレブの羨ましすぎる行動」3選

お金に執着がない人でも憧れる! 「セレブの羨ましすぎる行動」3選

お金に執着がない人でも憧れる! 「セレブの羨ましすぎる行動」3選

(?ぱくたそ)

普段はお金に執着がないような人でも、お金持ちの行動を見て思わず「お金があるっていいなぁ」と憧れてしまうことがあるようだ。

しらべぇ取材班は、「お金持ちの羨ましかった行動」を調査してみた。

(1)北朝鮮のミサイル発射のニュースを見て…

「4月に『北朝鮮からミサイルが飛んでくるかも』と、ちょっとしたニュースになったじゃないですか。その時にお金持ちの友人は、すぐにイタリアに避難。

自分は、日本で『核が飛んできませんように…』と祈るしかなく。こういう時に、『結局、最後に生き残るのは、お金がある人なんだな』と、悟りましたね」(男性・26歳)

(2)仕事や人間関係でストレスが溜まったら…

「バリキャリで年収数千万円はいっている女友達。いつも笑顔なので、秘訣を聞いたら『嫌なことがあったら、すぐに買い物をしたりエステに行ったりして発散する』と。

貧乏人の私なんて、買い物も満足にできないし、エステなんて夢のまた夢。お金があれば、ストレスも溜まりにくいんだな…と、自分との差に悲しくなりました」(女性・29歳)

(3)毎年しっかり人間ドッグをして…

「お金持ちな友人夫婦は、年一回必ず設備が豪華な病院で人間ドッグを受けています。しかし私たち夫婦は、体調不良でも病院なんてそうそう行けない。

『お金がある人は長生きする』と言われますが、きっと健康にもお金をかけられる余裕があるからなんでしょうね。羨ましい限りです…」(女性・38歳)

??夢だってお金があれば叶えられる?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,223名に「七夕の短冊に書いた願い事がかなったことがあるか」という調査を実施。

年収別では1,000万円以上が、最も高い結果となった。

©sirabee.com

お金の制約がなければ、高度な教育を受けられたり、いろんなところへ行けたり…と、さまざまなことが体験できる。

そうした条件であれば、一般庶民よりも知識や見聞も広がり、夢も叶いやすくなるのかもしれない。

・あわせて読みたい→憧れの街の現実? 在住者が教える「六本木の住みづらさ」

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,223名?(有効回答数)