当てはまったらヤバい?「離婚前に起こった」夫婦間の兆候

当てはまったらヤバい?「離婚前に起こった」夫婦間の兆候

当てはまったらヤバい?「離婚前に起こった」夫婦間の兆候

(?ぱくたそ)

「離婚」というのは、ある日突然、相手から言い出されるのではなく、日常生活の中でさまざまな兆候が現れるものなのかもしれない。

しらべぇ取材班は、離婚経験のある男女に「離婚前に起こった夫婦の兆候」を調査してみた。

(1)相手にイラっとしても喧嘩すらしなくなった

「最初に不仲になり始めた頃は、喧嘩することも多かったんです。でもやがて本格的に関係が冷え切ってくると、お互いに関心がなくなるんですかね。相手に対してイラっとしても、いちいち言わないので、喧嘩すらしなくなりました。表面は普通にしながら、心の中で舌打ちして『うっせーな』とか思っていましたね。

人間って嫌いな人とは、もう話すのもイヤになるんですよ。『喧嘩するほど仲がいい』というのは、あながち嘘ではないんだと思います」(男性・36歳)

(2)隣にいると安心して寝付けずに

「夫とは同じベッドで寝ていたんですが、愛が冷めると『夫=敵』と無意識のうちに思うのか、隣にいると安心して寝られなくなっていったんです。だから寝落ちしたふりをしてソファに寝たり、『夫のいびきがうるさいから寝られない』と嘘を言い、別室にベッドを購入して寝室を離したりしました。

うちは、そこから半年後くらいに離婚に…。奥さんが寝室を別にしはじめたら、ちょっと危ないかもしれないですね」(女性・32歳)

??女性は愛が冷めると隣にいるのがイヤになる?

しらべぇ取材班が、全国20代〜60代の既婚者768名に「配偶者と一緒に歩きたくないと思ったことがあるか」を聞いたところ、どの年齢においても女性が高いということに。

©sirabee.com

女性は相手への愛が冷めると「一緒にいるのもイヤ!」と、夫を煙たがるようになるのかも。

もしも妻が、自分を敬遠するようになったら、離婚の可能性が…。そんな状況になったら、愛を取り戻す工夫をしたほうが良さそうだ。

・あわせて読みたい→「離婚したくない!」 夫からの離婚提案を拒否している投稿が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日〜2016年10月24日
対象:全国20代〜60代の既婚者768名(有効回答数)