料理やネコ写真だけじゃない「これ買ったの!」もSNS鉄板ネタか

料理やネコ写真だけじゃない「これ買ったの!」もSNS鉄板ネタか

料理やネコ写真だけじゃない「これ買ったの!」もSNS鉄板ネタか

(RyanKing999/iStock/Thinkstock)

そろそろ衣替えの季節。クローゼットの入れ替えだけではなく、ワクワクしながら新しい服を買う人も多いのでは?

服に限らず、買い物でテンションが上がる人は多く、ストレス解消法にショッピングを挙げる人も少なくない。

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代の男女1,340名を対象に「買い物は好きか?」という意識調査を実施した。

■女性とリア充が…

全体では4人に1人の25.2%が「大好き」と回答。「まあまあ好き」が半数の51.0%で「好きな人」が76.2%となった。一方、「あまり好きではない」17.2%と「嫌い」6.6%で「好きではない人」は23.8%。

©sirabee.com

男女別では男性が70.1%、女性が82.2%で、女性の方が10ポイント以上「買い物好き」。しかも「大好き」の割合だけ見ると、男性17.9%に対して女性は32.5%と、さらに差が開いた。

どういった人が「買い物好き」なのか、特徴別データを見てみると

©sirabee.com

最も多いのは、「恋愛ドラマが好きだ」86.5%で、しかも「大好き」41.1%というのもトップ。

次いで「大好き」が37.5%と高かったのは、「リア充だ」で「好き」トータル85.5%。

また、属性が似ていて高かったのが「Twitterを使っている」86.0%と、「Facebookを使っている」85.0%。

買い物好きにリア充とSNS利用者が高い――という傾向を見ると、「買っちゃった!」とSNSにアップしているイメージが膨らむ。

ブランド物でなくても、センスの良いアイテムはSNS映えするし、「いいね!」がつくと自分のセンスを褒められた気分にもなれることもあり、ハマっている人も多そうだ。

■物欲との戦いも

実際に「買い物が好き」という人に、話を聞いた。

「もちろんファッションが一番テンション上がりますけど、買い物ならどんなものでも楽しいです。ちょこちょこ買うよりは、ワーッと買う方が好きなので、食材なんかもまとめ買いにしているし、日用品なども安い時やポイントがお得な時にガッツリ。

あまりに好きすぎて、“私、買い物依存症かも?”と不安になったこともあるけど、一応簡単な家計簿みたいなものもつけて、ハメを外さないように気をつけてます」(20代・女性)

「細々したものを買うのも好きなのですが、時計とかカメラとか、ちょっと値が張る物の趣味もあり、そういう買い物は、やっぱり気持ちが高揚しますね。新製品だったら下調べもしますけど、それよりは掘り出し物に目がなくて…。

質のいい中古品を扱うお店を何軒か行きつけにしていて、そこで『出会ってしまった!』というのが最高。ただ新製品と違って計画ができないし、好きなだけ買うわけにもいかないんで、毎回物欲とのせめぎ合い。まあでも物欲相手には、なかなか勝てません。(苦笑)」(40代・男性)

買った物を使うのではなく、購入すること自体が目的になってしまうような、買い物依存症になると深刻だが、たまの衝動買いや適度なまとめ買いくらいなら、心配しなくても大丈夫。

普段は節約していても、必要なものを購入する時や「買う!」と決めた時には、買い物の楽しさを存分に味わおう。

・合わせて読みたい→大人バンザイ!3割以上が「大人買い」経験者メインは30・40代

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,340名(有効回答数)