GENKINGが1000万円の借金抱えた過去を激白 「他人事じゃない」と騒然

GENKINGが1000万円の借金抱えた過去を激白 「他人事じゃない」と騒然

GENKINGが1000万円の借金抱えた過去を激白 「他人事じゃない」と騒然

(画像はInstagramのスクリーンショット)

海外旅行やブランド物の写真をインスタグラムに投稿する芸能人を見て、強いあこがれを抱いたことはないだろうか。しかし、一見華麗そうに見えるその写真の裏には、とんでもない闇が潜んでいることも…。

28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな』(テレビ朝日系)に出演した、タレント・GENKINGのしくじりに注目が集まっている。

■1,000万円のローン地獄

番組では「わたしダマしてましたSP」という企画を放送。2013年、高級ブランド品や華やかな生活をインスタグラムに投稿する「謎のセレブ美男子」として突如話題になったGENKINGが当時の生活を振り返った。

100万円を超えるブランド品の数々をインスタグラムにアップしていたGENKING。しかし、実際は身の丈に合っていない生活だったという。

当時、月収は20万円ほどで、家賃7万円の家に住んでおり、ブランド品などはカードで購入していたようだ。

その結果、インスタグラムにセレブ写真を投稿するため、カード限度額いっぱいまで使用する生活が続いていたとのこと。そして、返済が追いつかなくなり、1年で1,000万円の借金を抱えてしまったというのだ。

■見栄がたたり、全身にじんましん

見栄っ張りな性格が災いしてしまったと語るGENKING。インスタグラムについた「いいね!」を見ると、「もっともっとほしい」と感じるようになり、行動がエスカレートしていったと反省した。

ブランド品もただの見栄の手段だったといい、インスタグラムに載せたブランド品はすぐに転売していたという。

その後、芸能界入りしたGENKINGだったが、虚に身を包んだ生活が続いていた。その中で自宅を公開することになってしまい、ロケ用に高級マンションに引っ越したのだが、ついに全身にじんましんが発生し、吐き気をもよおすなど体調に変化が現れ始めたとのこと。

■ネット民からも「他人事じゃない」

この体への異常から「見栄を張ることはダサいことなんだ!」とようやく気がつきはじめたという。今では借金はすべて返済し、身の丈にあった自然な自分を出せていると語った。

ネット民からも、見栄を張ることの恐怖や、現在のGENKINGの様子についてさまざまな声があがった。

・SNSで見栄を張ってしまうのはわかる…。ネットは怖いよほんとう。簡単に自分を演出できる

・見栄とクレジット払いが重なるとほんとに手がつけられなくなる…

・これ、例が極端なだけで他人事じゃないよ

・たしかに今のGENKING好きだわ。本人が一番ホッとしただろうな

■2割弱が「借金がある」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「借金」について調査したところ、全体の2割弱が「ある」と回答。

©sirabee.com

奨学金や住宅ローンなどさまざまな理由があるが、中にはGENKINGと同様に見栄のために借金している人もいるのかもしれない。

見えを張ることは誰にでもある。しかし、GENKINGのアドバイスのとおり、「身の丈に合った生活」が一番心地良いだろう。

・合わせて読みたい→GENKINGがネットで大炎上 IKKOも「アレは言っちゃいけない」と指摘

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日〜2016年12月19日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)