イタリア人が認めなかった高知県の謎グルメ『ミラノ風おこげ』とは

高知県に謎グルメ『ミラノ風おこげ』存在 イタリア人シェフ「ミラノには無い」と断言

記事まとめ

  • 『ローマ風○○』『中華風○○』『韓国風○○』など数多くの『○○風』が溢れている
  • 高知県に揚げたおにぎりとトマトソースで作る『ミラノ風おこげ』という料理が存在する
  • 以前テレビでイタリア人シェフに「これはミラノには無い」と言われてしまったそう

イタリア人が認めなかった高知県の謎グルメ『ミラノ風おこげ』とは

イタリア人が認めなかった高知県の謎グルメ『ミラノ風おこげ』とは

イタリア人が認めなかった高知県の謎グルメ『ミラノ風おこげ』とは

『ローマ風○○』や『中華風○○』『韓国風○○』など、日本には数多くの『○○風』があふれている。

そのなかでもよく耳にするのは、某イタリアンレストランでもおなじみ『ミラノ風○○』だが、香南市赤岡にも全国的に有名なミラノ風の料理が存在するらしい。

■ミラノ風のアレを出す店へ

©sirabee.com

その料理を提供するのは、高知県の地場産品を販売している『とさを商店』。いったいどんなミラノ風の料理があるのだろうか?

©sirabee.com

見た目は「普通の商店」といった感じで、料理を提供するようには見えないが…

©sirabee.com

じつは奥に食堂があり、そこで食事をすることができる。

■「ミラノ風のアレ」を注文してみた

©sirabee.com

さっそく「ミラノ風のアレ」を注文すると炊飯器からご飯を丼に盛り、いきなりおにぎりを握りだす店主の野村さん。

©sirabee.com

握ったおにぎりをそのまま熱した油へ投入し、揚げていく。コレがどうミラノ風になっていくのだろうか…?

©sirabee.com

揚げ油の横にあったのはトマトソース。どうやら自家製でこだわりがあるようだ。

■揚げたおにぎりとトマトソースで…

©sirabee.com

大葉の上にトマトソースを敷き、さらに揚げたおにぎりをのせ、スライスチーズとカットトマトを置く。

©sirabee.com

なんとこのお店で提供されるミラノ風の料理とは『ミラノ風おこげ』だった! なんだか物凄いインパクトを放つ料理である。

©sirabee.com

■いざ実食!

さっそくミラノ風おこげをいただいてみると…

©sirabee.com

う、ウマい! 謎すぎる見た目だがトマトソースにはオレガノやバジルで香りを付けてあり、炒め玉ねぎの甘さも加わって非常に濃厚な味。

©sirabee.com

それがカリカリのおこげととろけるチーズ、旨味のある高知県産のトマトに加わって、絶妙なバランスを醸し出している。

以前テレビでイタリア人シェフに「これはミラノには無い(きっぱり)」と言われてしまったそうだが、とさを商店の『ミラノ風おこげ』は本格派でなくてもとても美味しい料理ということが発覚した。

©sirabee.com

■さらなる「名物」があった

完食後にお話を聞いてみると、このミラノ風おこげも美味しいのだが、野村さんいわくこのお店の神髄は『中日そば』にあると教えてくれた。

©sirabee.com

中日そばとは簡単に説明すると日本そばの出汁に中華そばが入った高知名物だが、こちらの中日そばは赤岡名産のじゃこや天ぷらが入り、とろろ昆布をアクセントにしているこだわりの一品。

©sirabee.com

優しくも力強い出汁の味わいは、いつも食べているシンプルな中華そばに近くも、和風でほっとするウマさ。

ミラノ風おこげも確かにウマいが、旅の疲れを癒すなら中日そばが最適だと感じた。

お店の近くには志国高知 幕末維新博の地域会場である、天才絵師・絵金の作品を堪能できる『絵金蔵』もある。高知旅行の際にはぜひ寄ってみよう。

【とさを商店】

高知県香南市赤岡町476-4

・合わせて読みたい→80年前の車両も現役! 外国製も走る高知『とさでん』の路面電車を激写

(寄稿/高知県情報サイト『高知家の◯◯』)

関連記事(外部サイト)