乳がん闘病中の小林麻央が退院の報告 子供たちに「早く会いたい」

乳がん闘病中の小林麻央が退院の報告 子供たちに「早く会いたい」

乳がん闘病中の小林麻央が退院の報告 子供たちに「早く会いたい」

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

乳がん闘病のため、4月22日より再入院しているフリーアナウンサーの小林麻央が、29日、退院の報告のためブログを更新した。

■退院した小林「早く会いたい」

入院中は輸血や点滴などの治療を続けてきたという小林だが、今後は在宅医療に切り替えての治療にするという。退院前は、退院することで家族へかけてしまう負担が怖い、という心境だったものの、退院した現在は「やはり、我が家は最高の場所です」と喜びを明かした。

また、子供たちについては「早く会いたい」とその思いをつづった。

■海老蔵もブログを更新

夫である市川海老蔵(39)は、28日の会見で小林のアゴにがんが転移したことを説明していた。ブログでは小林の退院について触れ、「帰ってきました 家に」「おかえり」と小林の帰宅を喜んでいる様子がうかがえた。

小林の帰宅を望んでいたのは海老蔵だけでなく、ブログの読者たちも同じ。両者のブログには「おかえりなさい!」「家族と会えて良かったね」と温かいコメントが寄せられていた。

・麻央さん、おかえりなさい! 子供たちと会いたいという思いがひしひしと伝わってきます!

・退院おめでとう! なんだか私まで嬉しくなってきました

・海老蔵さんと麻央さん、子供たち…。楽しい時間が過ごせると幸いです

・家族の負担とか考えないで。一緒に入られることが幸せだから。今は家族水いらずでのんびり過ごしましょう

小林の退院に、家族皆でよろこびを感じているだろう。

・合わせて読みたい→小林麻央、痩せた体に涙 「心まで痩せ細ってない」と意気込み語る

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)