女子会に「子連れ参加」 面倒な友人への断り文句が過激すぎる

女子会に「子連れ参加」 面倒な友人への断り文句が過激すぎる

女子会に「子連れ参加」 面倒な友人への断り文句が過激すぎる

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

気の置けない友人との集まりは楽しい時間。しかし、結婚や出産などを経て置かれた立場が違ってくると、付き合い方も変わってくるものだ。

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」に立てられた「【急募】女子会の子連れ参加の断り方」というスレッドに注目が集まっているので紹介したい。

■「子連れ参加」の断り方とは

スレッド主は週末に女子会を控えた女性。年に一度ほどの頻度でしか会えない友人たちゆえとても楽しみなのだが、そのうちのひとりが「子供を連れて行っていいか」とグループLINEで聞いてきて困っているらしい。

それに対して他の参加メンバーからのコメントはないが、おそらく全員イヤだとスレッド主は語る。そして、角が立たない断り方を質問して投稿を締めくくった。

この投稿に対し、多くの断り文句が寄せられることに。タイプごとに紹介していこう。

(1)「面倒なので」とはっきり言うパターン

まず最初に見られたのは「はっきり断る」というもの。しかし、スレッド主いわく女友達は比較的面倒なタイプらしいので、採用される可能性は低そうだ。

・ハッキリ伝えれば?  子供なしで集まりたいって

・嫌なら「ごめんね。大人だけで集まりたいから」って素直に言えばいいじゃん

(2)飲食店を理由に断るパターン

次に見られたのが飲食店を理由に断るパターン。「タバコが体に悪い」「居酒屋は子供には退屈」などだ。

・分煙してないみたいで子供にはよくないよって言ったらどうですか

・子連れが入れない店予約しちゃった。ごめん。 と包囲網をつくる

(3)「夜開催」を理由に断るパターン

また、夜の開催を理由に断るパターンも。たしかに、ランチ会でなければ小さな子供はなかなか連れて行きづらいだろう。

・昼と夜どっちで会うの?  夜だったら遅くなるから〜とか断りやすそうだけど

・夜だったら時間を理由に断る

(4)「女子会はガキの来る場所じゃない」を理由に断る

「そもそも女子会は、子供を連れてくるような場所ではない」という理由で断ることを勧めるパターンも。

たしかに女子会では金の話、下ネタをふんだんに含む男の話など、お子ちゃまが聞くにはなかなかハードルの高い会話もあるだろう。いやむしろ、それが女子会の本質だ。

・そんなんきたら金の話、 下ネタ含む恋愛の話もできないやん

・女子会に本物の女子連れてきてどないすんねん

(5)「ハブれ」という意見まで……

もっとも、「こういう人は断っても『気にしないから大丈夫』とか言いそう」「空気を読んでくれなさそう」など、鈍感な人にはどれも効かないという指摘もちらほら。

だからだろうか、中には「その女友達をハブって新しく開催する」などと提言する人の姿も見られた。ここまで来ると、正直なかなか陰湿な印象である。女子会を開催するというのは、想像以上に大変なことのようだ。

■男性の4割は女子会に悪印象

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男性682名に調査を行なったところ「女子会のイメージはどちらかと言うと悪い」と答えた人は全体の4割となっている。

少なくない男性が察しているように、さまざまな思惑がうごめいている女子会という空間。子供のいる人は素直に諦めるか、誰かに預けるなどして参加するのが身のためだろう。

・合わせて読みたい⇒書き込むな! 「Facebook投稿にされた」女友達からの不快コメント4選

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

? 調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日

対象:全国20〜60代の男性682名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)