独自の健康法がある人は2割 「勝ち組」との明確な相関関係も

独自の健康法がある人は2割 「勝ち組」との明確な相関関係も

独自の健康法がある人は2割 「勝ち組」との明確な相関関係も

(?ぱくたそ)

健康な心身は幸せに生きていく上で欠かせない要素のひとつだ。日頃から体調を気遣って過ごしている人の中には、独自の健康法を持っている人もいるのでは。

しらべぇ編集部ではそんな人の割合を調査した。

■2割に独自健康法あり

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の男女1362名に調査を行なったところ「自分独自の健康法がある」と回答した人は全体の19%。およそ2割という結果になった。

■還暦を過ぎると一気にアップ

©sirabee.com

年代別に見ると、60代がぐっと増えて3割に。共通の話題として「病気の話」「薬の話」などが出てくる世代だけに、健康法を持っている人も増えるようだ。

■暴力経験との謎の相関も?

©sirabee.com

特徴別で見ると興味深い結果も。まず、「お酒が飲めない」と答えた人はそうでない人に比べて8ポイントほど該当率が高くなった。

次に、「自分は勝ち組だ」と答えた人は約5割が該当。健康に気を遣うからこそ、人生という長いレースでも勝利を得たのだろう。

しかし、「異性に暴力を振るったことがある」と答えた人も、35%と数値が高いことが判明。

「他人に暴力を振るうことが自分の健康法」……なんて答える人はそう多くはないだろうが、その瞬間瞬間にストレスをためず解放させる傾向は、結果的に健康につながっているのかもしれない。

・合わせて読みたい⇒世界禁煙デー 吉田沙保里が渾身のタックルで巨大タバコに完全勝利

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日〜2016年11月28日
対象:全国20〜60代の男女1362名(有効回答数)