ユーチューバーがAVデビューしていた 新人セクシー女優・瀬名きらりに直撃

ユーチューバーがAVデビューしていた 新人セクシー女優・瀬名きらりに直撃

ユーチューバーがAVデビューしていた 新人セクシー女優・瀬名きらりに直撃

©sirabee.com

「アイドルになりたいユーチューバー」として、人気ユーチューバーのラファエル氏に弟子入りするなど活動していた女子を、しらべぇ編集部は以前取材していた。

先日、そのきらりちゃんから突然連絡が。いわく、「私、AVデビューすることにしたんです!」とのこと。驚いた取材班は、直接話を聞いてみた。

■ユーチューバーとして深夜番組にも出演

©sirabee.com

彼女のYoutubeチャンネル『きらりTV〜戦略的にアイドルになる方法〜』は、開設から2ヶ月弱で2800人がチャンネル登録。14本の動画がアップされている。

努力の甲斐もあってか、フジテレビ系深夜番組『360°まる見え! VRアイドル水泳大会』にも出演。アイドルへの道は順調にも見えるが、なぜAVの道を選んだのだろうか。

きらり:番組かYoutubeを見てくれたみたいで、大手AVメーカーのプレステージさんからお誘いがきたんです。ユーチューバーとしてやってたのは「お風呂シーン」止まりだったのですが、「アイドルとして有名になるためにはチャンスを逃したくないな」って思って。

アイドルをめざす女の子とAVの世界は縁遠い印象もあるが、プライベートで見たこともあったという。

きらり:AVは見たことがあって「かわいい女優さんが多いな」とびっくりしてました。お声がけいただいたとき、最近はAVを経てテレビとかで活躍してる女の子が結構多いから「私の夢には、こっちのほうが近道なんじゃないかな」と思ったんです。

■自分の「らしさ」で勝負

©sirabee.com

しかし逆に、美人やスタイル抜群の女優も多いAVの世界で闘っていくことに、プレッシャーはなかったのだろうか。

きらり:もちろん胸が大きい女優さんたちもいっぱいいますが、「負けないように頑張ろう」という気持ちはあります。

私はCカップで、どちらかというと幼児体型なんですけど、プレステージさんの専属女優で、私みたいなタイプは初めてみたいで。メーカーさんのほうもチャレンジしてくれるんなら、私も「ここで勝負!」と思いますね。

■チャームポイントは…おなか?

©sirabee.com

そんなきらりちゃんのチャームポイントは「おなか」だという。

きらり:撮影のとき、「おなかが綺麗だね」って言われて。腹筋が割れてるとかじゃないんですけど、ちょっとぽっこりしたラインとかが、そっち系のファンの方に刺さるみたいです(笑)

デビューが決まって心がけたことを聞いてみると…

きらり:お誘いいただいてデビューまでがそんなに時間がなかったので、体を鍛えたりする余裕はなかったんですけど、お肌の手入れやストレッチとかはしっかりやりました。AVって、体の柔らかさが求められるらしくて。

あと、代謝をよくするためにお風呂は1日2回。30分くらいずつ半身浴してました。

■初めての撮影には焦りも

©sirabee.com

覚悟をもってデビューを決めたきらりちゃんでも、初めてAVを撮ったときは、戸惑いもあったようだ。

きらり:「密閉されたスタジオで撮るのかな」と思っていたら、意外に広々としたところで大勢に囲まれて驚きました。

撮影前は「こうしたほうがいいのかな」とかいろいろ考えてたんですけど、いざカメラが回るといっぱいいっぱいで、何にも考える余裕がなかったです。シてる姿を誰かに見られるのは初めてだし、撮影中はモニターが自分の見える位置にあって、目に入っちゃうのも恥ずかしかった。

■いちばん恥ずかしかったのは…

©sirabee.com

そんな初撮影で、きらりちゃんがいちばん恥ずかしかったのは…

きらり:AVの行為って普通は好きな人とすることだから、その日初めて会った男優さんとキスするのとか、気持ちがついていけない焦りもありました。胸を触られるとかより、キスがいちばん気まずいんです。

でも、男優さんには気を遣って私に合わせてもらって、ありがたくもあり、申し訳なくもあり。「セクシーな感じでエロエロしてるんじゃなくて、かわいく爽やかな感じのエロだね」って言われたのは、私がめざしたい方向性としては嬉しかったです。

■ユーチューバーは卒業

©sirabee.com

Youtubeはアイドルになる手段として始めたため、今後は更新する予定はなく、「AVの世界一本で勝負したい」と語るきらりちゃん。

芸名は、ユーチューバー時代のイメージを活かし、「瀬名きらり」と決まった。目標は、トップ女優として人気を集めた上原亜衣ちゃんだという。

子供の頃から数えると100回以上キャンプをしていて、意外にもアウトドア派な顔も持つ。「いずれはまたテレビにも出てみたいです。サバイバル企画なら自信ありますよ」と笑った。

・合わせて読みたい→セクシー女優・凰かなめ先生の恋愛相談室 「友達の彼女が好きになってしまい…」

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/瀬名きらり)

関連記事(外部サイト)