『ひよっこ』雄大のプロポーズに視聴者困惑 「所詮、昭和の話」の声も

『ひよっこ』雄大のプロポーズに視聴者困惑 「所詮、昭和の話」の声も

『ひよっこ』雄大のプロポーズに視聴者困惑 「所詮、昭和の話」の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

有村架純主演で放送中のNHK朝ドラ『ひよっこ』。主人公・みね子(有村)が所属する向島電機の工場は閉鎖の憂き目にあい、本日1日の放送では、最後の営業の様子が描かれた。

そんな悲しい出来事の一方で微笑ましいシーンも。雄大先生こと高島雄大(井之脇海)が、かねてより交際していた幸子(小島藤子)に対して公開プロポーズを行なったのだ。

■「地位も学歴も金もないが夢はある」

この日、工場閉鎖前に最後の合唱を行うために集まった乙女寮の面々。すると、雄大先生が幸子に対し、

「僕と、その……結婚してください」

とプロポーズ。そして、以下の言葉を続けた。

「僕は地位もないし、学歴もないし、金もないし……でも、夢だけは持ってるつもりだ。でっかい夢を」

これに対する他の反応はさまざま。みね子が驚いて言葉を失ったかと思えば、普段真面目で冷静な豊子(藤野涼子)は両手を胸の前で合わせてうっとり。一方、とぼけた印象の澄子(松本穂香)は

「ねえもんばっかりだ」

「夢はタダだからなあ」

と、意外なリアリストっぷりを見せつけ、雄大の言葉に小声でツッコミを入れた。

■プロポーズの言葉に視聴者は総ツッコミ

結果的に大成功した今回のプロポーズ。しかし、雄大先生の上記の言葉に対し、視聴者からは澄子以上のツッコミが殺到することに。

・いやいや、そんな男と結婚したら苦労しかみえないよwww

・学歴も地位も金もない。でもでっかい夢はある。雄大先生って、植木等の映画に出てくるキャラクターまんまじゃ…

・澄子が視聴者の代わりにつっこんでくれる。しかし、なんにもないけど夢だけはでかいってホントやばいパターンじゃね!?

・プロポーズのあとでトロイカ合唱っていかんやろカネも地位もない男が金持ちに恋人を取られ泣く歌やねんで

・乙女たちはプロポーズに感動しながらも、同室の面々は、どっかでつっこんでるに違いない。テレビの前でも今朝は総ツッコミが繰り広げられたに違いない

・こういうの見ると「所詮、昭和の話なんだなあ」と思って冷静になってしまう

・プロポーズシーン、子供と一緒になって、「今時の女子なら絶対断る。でも今時じゃないからな〜…。あっ、幸子さん喜んでる! ダメだ! そいつはやめとけ! ロクなことにならん!」と言いつつ見とったですわ…あ

■現代女子のほうが昭和女子より現実的?

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「貧乏な人とは付き合えない」と答えた女性は若い世代ほど多いことが判明。20代では4割以上が交際できないとしている。

国家全体が成長していた昭和の頃と違い、今はなかなか未来に希望を持つことができない時代。だからこそ、若い女性は現実的なのだろう。

雄大先生と幸子が、『トロイカ』の歌のようにならなければいいのだが……。

《これまでに配信した『ひよっこ』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→『ひよっこ』海水浴が雨で中止に 水着シーンなしで視聴者落胆

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?

? 調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日

? 対象:全国20〜60代の男女1336名(有効回答数)