ビッグダディ「離婚は子供を不幸にする」に反論 「不遇は子供に分け与えない」に賛否

「ビッグダディ」の愛称で親しまれている林下清志氏、離婚に関して持論を展開し反響

記事まとめ

  • 「ビッグダディ」の愛称で親しまれている林下清志氏はこれまで7度の結婚と離婚を経験
  • ブログで「離婚は子供を不幸にする」という意見に対し、自らの経験を含めて反論した
  • 「『子どもに弱音を見せない』にグッときた」などブログ読者やネット民からは称賛の声

ビッグダディ「離婚は子供を不幸にする」に反論 「不遇は子供に分け与えない」に賛否

ビッグダディ「離婚は子供を不幸にする」に反論 「不遇は子供に分け与えない」に賛否

ビッグダディ「離婚は子供を不幸にする」に反論 「不遇は子供に分け与えない」に賛否

©sirabee.com

ビッグダディ」の愛称で親しまれている林下清志氏(52)。これまで、7度の結婚と離婚を経験しており、数多くの子供と過ごしてきたベテランだ。

31日に更新されたブログでは「離婚」に関して持論を展開し、大きな反響を呼んでいる。

■「夫婦の離婚は子供を不幸にしている」に反論

「夫婦が離婚することによって子供を不幸にしている」という意見に対し、自らの経験を含めて反論したビッグダディ。「それは親が自分の不遇を子供にもお裾分けしてしまうから」と指摘。

不幸になる原因は離婚の有無に関係ないとし、夫婦がそろっている場合でもなりえるとした。

生きていると、つらい出来事や弱音を吐きたくなることもあるが、それを「子供たちにはなるべく分け与えることのないように暮らすことが大事」とのこと。

また、父子家庭である自身の家庭についても触れ、「子供たちは父子家庭の切実を知らずに育ったはず」と自信をもって主張。ビッグダディ自身も、子供の前で弱音を吐いたことはなかったという。

そして、親の人生に子供を巻き込んでいることは間違いない、としたうえで「精神的に未熟な子供達とは、幸せな時間だけを共有すればいいのだと思います」と述べた。

■「子供に弱音を見せない」に称賛の声

ビッグダディの投稿に、ブログ読者やネット民からは称賛の声が。

・離婚した経験はないですが、これからもしも弱音を吐きたくなっても、子供の前ではそれを見せずに強い母親であり続けられたらなぁ…

・「子どもには弱音を見せない」にグッときました。わたくしもそのように、素敵なパパでありたいです

・困難や不安を隠して子育てされていたんですね。本当に尊敬の念でいっぱいです

■「一方的な考え方」との声も

一方、否定的な意見も。

・子供の身になっていない一方的な考え方だと思う

・離婚=子供が不幸」でなかったとしても、結婚と離婚を繰り返すことは幸せとはほど遠い結果になってると思う

・離婚が不幸であることは決定づけることないけど、めちゃめちゃ幸せではないはず。親が何度も変わるなんて、全くストレスを感じないわけがない

■毒親に育てられた4割が「子供に後悔経験アリ」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の子供がいる男女607名に「子供」について調査したところ、「『子供がもしいなかったら…』と後悔したことがある」と回答したのは全体の2割という結果に。

また、「毒親に育てられた」と回答した人は4割以上が後悔した経験があるようだ。

©sirabee.com

家庭の事情は各家庭それぞれにあり、他人がどうこう言うことではないかもしれない。しかし、「子供の前で弱音を吐かない」というビッグダディの持論には見習うべきところがあるかも。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20〜60代の子供がいる男女607名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)