バウリンガルから15年…ワンちゃんのためのデバイスで一緒に健康を目指せ

バウリンガルから15年…ワンちゃんのためのデバイスで一緒に健康を目指せ

バウリンガルから15年…ワンちゃんのためのデバイスで一緒に健康を目指せ

©sirabee.com

東京ビッグサイトで、6月1日〜4日に開催されている「東京おもちゃショー2017」。楽しそうなブースが山ほどある中、タカラトミーのブース内にいるのは…本物の犬!?

■はしゃぎまくるワンちゃん2匹

©sirabee.com

ものすごく元気に、大はしゃぎしている2匹。かわいい…。

その首を見てみると、なにやらビスケット型のものをつけている。

©sirabee.com

それが、秋発売予定の新商品「いぬのきもち お散歩Time」だ。

大勢の人に囲まれたからか、大興奮なワンちゃん。そのため、シャッターチャンスをもらえなかったのだが…正面から見てみると、こんなイメージ。

©sirabee.com

ビスケット型デバイスには、「OSANPO」の文字がしっかり。

©sirabee.com

「犬用翻訳機」バウリンガルから15年。全く新しいペット用玩具の登場だ。

首輪につけることで、ワンちゃんのお散歩管理をできるという、ワンちゃんのための「ウェアラブルデバイス」なのだ!

■アプリでお散歩管理

©sirabee.com

タカラトミーが独自に収集した1万頭以上の飼い犬データを分析。専門家の監修のもと算出された犬種や年齢、体型ごとの最適な活動量がアプリ内に記録されている。

そのため、専用のアプリにワンちゃんの犬種や年齢を入力することで、ちょうどいいお散歩時間の目安がわかるという。

実際のお散歩中も、ワンちゃんの歩き方を「きょろきょろ歩き」「歩行」「はや足」「駆け足」の4種類に自動的に識別して、活動量を算出。

お散歩の残り時間や、飼い主が消費したカロリーも教えてくれるのだ!

©sirabee.com

これなら、ワンちゃんのいうがままに歩きすぎてしまったり、「もうヤダだるい、だっこして」なワンちゃんを甘やかさずに済むかも。飼い主の健康意識も高まりそう。

ほかにも、お散歩をするとポイントがたまり、そのポイントで「わんこ島」を冒険して遊ぶこともできる。

©sirabee.com

アバターはもちろん、愛する飼い犬だ。ゲームの中のワンちゃんも、もっと素敵にしたい! と思ってしまいそう。

©sirabee.com

小型犬から大型犬まで対応可能な、このちっちゃなビスケット型デバイス。秋以降、健康的なワンちゃんが街に増えるかも。

・合わせて読みたい→本物の車よりも楽しい!?「Camatteスクール」で運転体験してきた

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

関連記事(外部サイト)