喫煙者もギャンブル離れ? パチンコ未経験者が若者に急増中

喫煙者もギャンブル離れ? パチンコ未経験者が若者に急増中

喫煙者もギャンブル離れ? パチンコ未経験者が若者に急増中

(?ぱくたそ)

漫画の『闇金ウシジマくん』では、闇金に借りてまでパチンコをする主婦たちが頻繁に登場。依存症が問題になっているが、一方でパチンコ人口は減少とのデータもある。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「パチンコについて」の調査を実施。

「パチンコを一度もしたことがない」と答えたのは、全体で37.0%であった。

■パチンコにまったく興味がない若者

若い世代で、パチンコ店に足を踏み入れたことさえない人が増えている。

©sirabee.com

パチンコをするにはお金がかかり、収入の少ない若い世代にはハードルが高い趣味のようだ。

「少ない収入なのに、負ける確率が高いギャンブルにお金を使う余裕はない。ハマって、借金を作るなんてなったら嫌だし」(20代・女性)

金銭的な理由の一方で、別にやりたくないと答える人も多い。

「まったく、興味もない。行く機会もなかったし、これからもないと思う」(20代・男性)

また何度がしたことはあるが、ハマらなかった人もいる。

「先輩に連れて行ってもらうなどして数回打ったことがあるが、僕にはそれほど魅力を感じなかった」(30代・男性)

■喫煙者でもパチンコをしない人が6割

喫煙者では、6割もの人がパチンコをしたことがないと回答。

©sirabee.com

タバコの煙が充満している印象が強かったパチンコも、現在では分煙をするお店がほとんど。しかし昔のイメージが消えないのか、嫌煙家からは次のような声も。

「タバコの匂いが苦手なので、パチンコ屋には入るのも嫌」(20代・女性)

パチンコをしない喫煙者の中には、タバコが高すぎて他の娯楽に回せないと考える人もいる。

「タバコも高いのに、それに加えてパチンコなんかするとお金がなくなる。タバコ吸いながら打ってる人は、高収入か金銭感覚が麻痺しているかのどちらかだと思う」(30代・男性)

昔は、パチンコを暇潰しとして使う人も多かった。しかし現代ではその役割を、スマホが済ませているのも事実だろう。

・合わせて読みたい→加齢とともに深刻になる腰痛 ギャンブラーに多い理由とは

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)