自分の汗のニオイにドキッ!そろそろ気になるデオドラント

自分の汗のニオイにドキッ!そろそろ気になるデオドラント

自分の汗のニオイにドキッ!そろそろ気になるデオドラント

(ivanmollov/iStock/Thinkstock)

日射しが強くなり、夏日も増えてきた。気温が高くなり、汗をかくようになると気になるのは体臭のこと。

以前の調査で、約7割が「『クサイ』と言われるのはダメージが大きい」と回答しているが、きちんとケアしているのだろうか。

しらべぇ編集部は全国の20〜60代の男女1,332名を対象に、「体臭ケア製品を持ち歩いている」人の割合を調査した。

■気にしているのに

今回の調査自体のタイミングが、まだ気温が高くなかった時期ということもあり、全体では13.5%と、「体臭ケア製品を持ち歩いている」人はかなり少なめ。

男女別では男性が13.1%に対し、女性は14.0%で、若干女性が多い結果に。

しかし、性別・年代別で見てみると

©sirabee.com

最も高い20代男性が24.1%で、20代では男女共に2割を超え、30代も女性は22.4%。

また、男性は30代40代が14%台で平均を上回っており、臭いケアへの意識が高まりつつある“きざし”が感じられる。

ちなみに、未既婚で見てみると

©sirabee.com

既婚者は11.9%で、未婚は15.3%。

若い層が多めということもあり、未婚の方が高い結果となったが、年代ごとにケアするべきポイントがあるだけに、既婚者や年齢高めの人も気をつけたいところだ。

■朝ケアしていても

実際に「体臭ケア製品を持ち歩いている」人に話を聞いた。

「以前は持ち歩いていなくて、朝ケアしたから大丈夫と思っていたけど、夕方くらいになんだか気になり始めて…。“あれ?”って思うと、気のせいかもしれないけど、なんだか落ち着かなくなります。

今は長時間効果のあるロールオンを使っているけど、持っていれば化粧室なんかでサッとケアできるし、“私、ニオうかも…”なんて気持ちは絶対にイヤですから」(30代・女性)

「普通に汗などの臭いケアにも使っていますが、会食先で何度か『え。座敷だったの? 足の臭い、大丈夫かな?』って思ったことがあって…。足用のものもありますけど、会食へ向かう前に念のためシュッとするだけで、慌てずに済みます」(20代・女性)

「昔は気にしていなかったんですが、部下も増えて、業務中に一つのPC画面を見ながら『ここをこうして』など、かなり近い距離で説明する時ってあるじゃないですか? そういう時に、ちょっと“あれ? もしかして俺、クサイのか?”って、思うことがあって…。

部下だから、あからさまにはされなかったけど、気になって妻に相談しました。妻も『気にはならないけど、身内で慣れているだけかもしれないから』と、男性用のアイテムを自宅用と携帯用で用意してくれて。出かける前だけじゃなく、会社でも午後のブレイクタイムに使う習慣をつけました。それから“あれ?”って反応はなくなったし、やっぱり清潔感の面でも、臭いケアはしておきたいですね」(40代・男性)

昨今はスメハラ(スメルハラスメント)も話題になるなど、周囲に与える不快感へのプレッシャーも大きくなっている領域。

朝、出かける前のケアだけではなく、日中や夕方でも手軽に臭い対策できるアイテムを持ち歩くようにするのも、大事なポイントになりそうだ。

・合わせて読みたい→言われたらダメージ大きすぎ…「クサイ」の非難に怯える人は

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)