確信犯すぎてコワい!「食事をおごられたい」女子の必死な行動

確信犯すぎてコワい!「食事をおごられたい」女子の必死な行動

確信犯すぎてコワい!「食事をおごられたい」女子の必死な行動

(?ぱくたそ)

デートの時に、男性におごってもらえたら、大切にされている気持ちも伝わるし、財布にも嬉しいし、女性にとっては万々歳だろう。

だが中には、おごってもらおうとするあまりに、露骨な行動を取ってくる女性もいるのだとか。しらべぇ取材班は、男性たちに話を聞いてみた。

(1)財布を出すのを遅らせて、男性がいくら払うかチェックする

「お会計の時に、バッグの中で探すふりをして財布を出すのをワンテンポ遅らせて、先に財布を出した僕がいくら払うのかを横目でジロッと見ている子がいました。

食事中は話も楽しくてマナーもしっかりしていて『いい子だな』と思っていましたが、この行動を見た瞬間に『うわ…こいつ腹黒い!』と一気に引きましたね」(Yさん・26歳)

(2)「引き出すの忘れちゃった」というが、財布には万札が入っている

「初デートはおごったんですが、2回目からは割り勘に…と思っていました。しかし彼女は、食事中に自分も負担しないといけないのを空気で察したのか、突然、思い出したように会話の中で『あっ! ATMでおろすの忘れた! 財布空っぽ!』と言い、遠回しに払えないことを匂わせてきて。

しかし、帰りに彼女が財布を開い時にチラッと見えましたが万札が入っていました」(Tさん・26歳)

(3)「収入が途切れるかも」と不安を吐露するが、常にそう言っていた

「女友達と食事に行ったら、会話の中で『会社の業績が悪くて倒産しそうなの…』『お金がなくなったら生活困るから、貯金しているんだぁ』と不安そうに言われて。

そう言われたら、支払わせられないし『仕事、大丈夫だといいね』と応援の気持ちを込めておごりました。しかし後に、数年前から男女関係なく食事に行ったらみんなにそう言って、おごってもらっていたと発覚。詐欺師みたい…」(Hさん・27歳)

??男性のほうが「デートではおごるべき!」と考えている

しらべぇ取材班が、全国の20代〜60代の男女600名に「デートでかかったお金は男性がおごるべき」かを聞いたところ、「そう思う」は男性のほうが多い結果となった。

©sirabee.com

おごられようと姑息な行動をしなくとも、男性は払ってくれる気でいるのかもしれない。

・あわせて読みたい→俺と遊ぼうよ! 「デートの誘いを断った男性」にされた恐怖行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年5月19日〜2014年5月20日
対象:全国20代〜60代男女計600名

関連記事(外部サイト)