仕事中のお昼ごはんどうしてる?「外に出る」のは少数派

仕事中のお昼ごはんどうしてる?「外に出る」のは少数派

仕事中のお昼ごはんどうしてる?「外に出る」のは少数派

(Noel Hendrickson/Blend Images/Thinkstock)

仕事をしていると、待ち遠しいのがお昼休み。お弁当を持ってきたり、社食に行ったり、外食したりと色々だろう。

お昼ぐらいは仕事を忘れてゆっくりしたい…と思っても、なかなか難しい人も。

■一番多いのは「自分の席」

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の有職者620名を対象に「出社中のお昼をどうしているか」調査したところ、一番多かったのは自分の席という回答。

©sirabee.com

意外にも、外に食べに行く人は2割程度。男性は25.1%が外食だが、女性は16.2%と低くなっている。金額的な問題はもちろん、健康面も気にしてお弁当を持参する人が多いのかも。

しかし、自分の席で食べていると、目の前に仕事がある状態であり、落ち着かなそうだが…。

「お弁当を持っていくので、自分の席で食べています。社内に他の場所がないので」(30代・男性)

「外に飲食店が少ないので、むちゃくちゃ混んでる。待つのも馬鹿らしいので、コンビニで買ってきて席で食べるのがほとんど」(40代・男性)

本当は席を離れたいが、社内に食事のできるスペースがない! という人も多いようだ。

■公務員の半分は…

職業別で見てみると、公務員の半数以上は「自分の席」でお昼を取っている。

©sirabee.com

確かに役所では、窓口や電話など、お昼時間であっても閉めていない業務が多い。そのため、来客や着信がきたらすぐに対応するべく、自席にいる人も多いのだろう。

外食は5.8%とかなり少数派なのだが、「休憩時間自体が短いから外食する余裕はない」という声も。

「できれば外で食べたい…」と思っていても、時間もお金も節約している人が多いようだ。

・合わせて読みたい→「雨が降っているので…」仕事を休んだことがある人の割合は?

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の有職者620名(有効回答数)