『昼顔』『あなそれ』で注目の「不倫」 その実態と裏側について弁護士が激白

『昼顔』『あなそれ』で注目の「不倫」 その実態と裏側について弁護士が激白

『昼顔』『あなそれ』で注目の「不倫」 その実態と裏側について弁護士が激白

(画像は公式YouTubeのスクリーンショット)

2014年にフジテレビ系で放送され、社会現象ともなったドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』。

10日、その映画版『昼顔』が、ドラマと同じく上戸彩・斎藤工の主演により、全国東宝系で封切られる。またTBS系でも、不倫をテーマにしたドラマ『あなたのことはそれほど』が視聴率好調だ。

エンタメとしては人気の「不倫」だが、法的な視点から見た問題は、どうなのだろうか? レイ法律事務所、橋知典弁護士に話を聞いた。

■不倫のリスクは?

橋弁護士: 不倫事件については、まず民事での損害賠償の対象になります。事案によっても大きく異なるところですが、大体200万円前後の金額となることが多いといえるでしょう。

他の法的リスクについて、処分を争える可能性も十分あるのですが、会社で解雇を含む不利益な処分を被ることもあります。他にも、不倫を行った側から離婚をすることが非常に難しくなったり、さらには自分の親や周囲から厳しい非難に晒されることもあります。

ひどい例では、不倫の関係者間で脅迫や暴力といった復讐行為に遭ったという人もいます。 やはり不倫はしてはならないものです。

■どこからが不倫?

橋弁護士: いわゆる不倫は、まず不貞行為を指してるものと思います。不貞行為は、基本的にパートナー以外の異性と肉体関係を持つこと。また近年では、パートナー以外の異性と、「肉体関係以外の親密な交際」を行なったことを理由に、損害賠償を認めるものもあります。

例えば、キスやデートを繰り返したり、二人だけで肉体関係はないものの泊まりに行くなど、とくに親密な関係でもなければしない行為であって、一般の人を基準にそんなことをすれば、夫婦関係が壊れてしまうだろうと言えるものであれば、損害賠償の対象になりえます。

そういった意味では、肉体関係に限らずとも、「禁断の不倫関係」はありうるでしょう。

©sirabee.com

■不倫した人の頭を冷やすのは困難

橋弁護士:不倫をしたくなる理由には、よく「禁断の恋だから」という意識があると言われます。私も多くの事件を経験する中で、「この意識で不倫をしたのだろう」という人を見てきました。

彼らは自分の恋心の重さを測るとき、「不倫はやってはいけない」「子供もいる、親にも会社にも迷惑をかける」「だからダメ」『それなのに、これほどに惹かれるということは、運命の人かも知れない』というような思考をたどるのです。

この考えに至った人、閃いてしまった人の頭を冷やすのは非常に困難です。

■パートナーがいる人ばかりを狙ってしまう人も

橋弁護士:安心感や包容力、大人の余裕といった部分に魅力を感じて、既婚者ばかりを好きになってしまう人もよく見かけます。

しかし、一人暮らしをしたことがある方はわかると思いますが、一人で仕事も私生活も賄うのは大変。奥さんの内助の功に支えられて輝いている男性の方が、一人で生活している男性より余裕があって輝いて見えるのは当たり前です。

奥さんのいる人ばかり好きになってしまうという方は、本当は「男性とその奥さんの二人」を好きになっているのかもしれません。また、若い時よりも今の方がモテると感じる男性も、それは奥さんあってのこと。勘違いはいけません。

■不倫は「物語」だけで

橋弁護士:私の関わった事件では、不倫事件の解決後に、不倫相手と交際関係が続いたという事例を知りません。 多くの方が、あらゆる苦難を超えていけると思ってした恋かもしれませんが、現実は甘くないようです。

また、不倫をきっかけに仕事や家庭、親子の問題と残酷なまでに厳しい現実が山のように残ります。もちろん、私たち弁護士によって、法的に解決できるものもありますが、以前と同じようには戻らないものもいくつもあります。

不倫は映画やドラマだけにして、現実では絶対に手を出してはいけません。

・合わせて読みたい→『あなそれ』今さら不倫を後悔する有島 「クズ島」呼びする人も

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/レイ法律事務所・橋知典弁護士)

関連記事(外部サイト)