福地桃子が父・哀川翔への不満を暴露 「闇抱えそう」と心配の声も

福地桃子が父・哀川翔への不満を暴露 「闇抱えそう」と心配の声も

福地桃子が父・哀川翔への不満を暴露 「闇抱えそう」と心配の声も

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「Vシネマの帝王」のひとりであり、数々の作品で活躍する俳優・哀川翔(56)。5人の子供を育てる家庭的な面もあり、まさに理想の父と言われることも…。

しかし、家族当人だからこそイヤなこともあるようだ。6日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、次女の福地桃子(19)が出演し、哀川の困った一面を暴露した。

■カブトムシの世話も担当

番組では「普通の家に生まれたかったこと」をテーマにトークを展開。その中で、福地は大の「カブトムシ好き」として知られる哀川とのエピソードを語った。

カブトムシのために、哀川は専用部屋を用意しているという。そこには、虫カゴが50個以上あるようだ。

そのため、哀川が仕事で家を空けるときは、子供たちがカブトムシの世話をするとのこと。福地も何度も経験したことがあるようで、生ぬるい部屋で50個以上の虫カゴを掃除してゼリーを入れる作業がツラいと不満をもらした。

過去に一度、カブトムシを逃してしまったこともあるという福地。哀川の帰宅までに見つけることができなかったが、「まったくバレなかった」というお茶目エピソードも飛び出した。

■腕相撲で筋肉自慢

また、福地が男友達を家に連れていくと、哀川が喜ぶということも明かした。女友達よりも接しやすいとのことで、男たち全員と腕相撲をしているという。

これについて明石家さんま(61)は「俺の娘に変なことすんなよ! したらどうなるかわかってんのか」というアピールだと指摘したが、福地は「いやいや、ただ筋肉を自慢したかっただけ」と反論。

さんまは「お父さんの気持ちがわかってない!」と自身の経験を踏まえて主張した。

■「闇抱えそう」の声も

福地のトークについて、ネット民からはさまざまな声が。

・哀川翔の娘、そんなカブトムシの世話してたら闇を抱えそうだなw

・こんな可愛い女の子に出張中はカブトムシの面倒を見させる厳しい父

・哀川翔さんの娘さんかわいいし、ちゃんと「父 」って言っていて好感度大だわ

■「二世タレントの親は甘い」が6割

「しっかりしている」と評判の福地。しかし、「二世タレント」というと、甘やかされているイメージをもたれがちだ。中には、親の教育が甘いと指摘する声も。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「二世タレント」について調査したところ、6割以上が「親が甘すぎる」と回答。

©sirabee.com

「二世」というフィルターを通して見られることも理由だといえるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,336名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)