「息子が何をやっても一番になれない」と悩む母親 その回答が「素晴らしい」と絶賛

「息子が何をやっても一番になれない」と悩む母親 その回答が「素晴らしい」と絶賛

「息子が何をやっても一番になれない」と悩む母親 その回答が「素晴らしい」と絶賛

(deeepblue/iStock/Thinkstock)

親としては、子供には自由に育ってもらいたいもの。とはいえ、周りの子供たちよりも優秀であってほしいと願うのも、また親心なのかもしれない。

読売新聞に投稿された、とある母親の悩みが物議を醸している。

■何をやっても一番になれない息子に悩み

相談を投稿したのは30代会社員の女性。「小学5年生の息子が何をやっても一番になれない」という内容の悩みを打ち明けた。

控えめでニコニコと穏やかな性格だという息子。人が嫌がることを率先してこなし、毎日野球の練習にも取り組む努力家のようで、信頼も厚く、キャプテンを務める。

しかし、一方で最優秀賞などの一番に輝いたことはないといい、息子は悔しい思いをしているよう。しかし、優秀賞をとった人を「おめでとう」と褒め称える優しさもあるようだ。

この様子に、相談主は母として歯がゆい気持ちになるとのこと。リレーの選手に選ばれるわけでもなく、書道で表彰されるわけでもなく、とくに目立ったところがない息子だと指摘。

「活躍する他のお子さんたちの母親が正直うらやましいです」とし、母親としての心の持ちようを相談した。

■「過剰な期待で追い詰めないで」と回答

この相談に対し、回答主は「どうして他のお子さんと自分の子供を比べて一番になることを求めるのか」と辛口の指摘。

他者と比較して得られる相対的評価には浮き沈みがあるとし、「あなたの息子さんは他の人にはない資質をたくさんもっています」と投稿主の息子を高く評価した。

地道に努力を積み重ね、他者が成功しても素直に祝福できる人格者だとし、キャプテンに選ばれた理由もこういった人徳にあるとした。

また、投稿者に対して「ないものねだり子を思う親の情ゆえかも」と理解を示しつつも、我が身を振り返って子供に対して過剰な期待を抱いて追い詰めないよう自戒してほしい、とアドバイスした。

■「見守ってあげたい」の声も

この投稿を受け、相談主および回答に対してネット民からはさまざまな声があがった。中には、相談主の母親に対して「毒親だ」と非難する声もあったが、「母親ともに温かく見守りたい」という声も。

・一番でなくてもいい。自慢の息子さんじゃないですか。ニコニコ、にこやか地道に頑張っている

・母親ならではの、感情歯痒さかも知れませんね…「隣の芝生は〜」ですかね

・このお母さんの気持ち、わかってしまう。息子が小5の頃まさに同じだった…

・自分の気持ちを吐露してどうしたらいいか相談できる立派なお母様じゃないかなって思っちゃう

■「毒親に育てられた経験アリ」は2割

投稿に対していくつか見られた「毒親」というコメント。一体どれほどの人が毒親に育てられたのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,371名に調査したところ、およそ2割が「毒親に育てられた」と回答した。

©sirabee.com

若い世代ほど、毒親に育てられている傾向にあるようだ。時代による過程や子育ての環境が影響しているのかもしれない。

なにかと親の責任が問われがちな子育て問題だが、親もまた勉強中の身であり、奮闘しているのもまた事実。「見守ってあげたい」というコメントもあったが、これからの対応に期待したい。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年11月20日〜2015年11月24日
対象:全国20代〜60代の男女1,371名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)