広範囲で梅雨入り!少しの雨なら傘をささないのは男子より女子

広範囲で梅雨入り!少しの雨なら傘をささないのは男子より女子

広範囲で梅雨入り!少しの雨なら傘をささないのは男子より女子

(Michael Blann/DigitalVision/Thinkstock)

気象庁は6月7日、四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表した。

しっかり降る雨やゲリラ豪雨ならともかく、霧雨やパラパラと降る程度だと「これくらいなら…」と、傘をさすかどうか迷う時もある。

しらべぇ編集部は全国の20〜60代の男女1,342名を対象に、「ちょっとの雨なら傘をささない」という人の割合を調査した。

■少しの雨でも傘をさすのは男子!

全体では58.5%と約6割が、「ちょっとの雨なら傘をささない」と回答。

男女別では男性が60.7%に対し、女性は56.3%で男性の方が上回ったが、性別・年代別で見てみると

©sirabee.com

30代以降は、僅差を含めて男性の方が女性より「ちょっとくらいなら、濡れても大丈夫」とばかりに、傘をささないと回答しているのだが、20代では逆転。

おしゃれに気を配り、髪型が崩れるのを嫌いそうな20代女子だが、全体を上回る62.4%。一方で、20代男性は52.6%で、最も低い60代女性の45.9%に次ぐ数値となった。

男性のスタイリング剤市場は縮小傾向だが、キメすぎないナチュラルなスタイルを作っている分、雨に濡れて崩れたり、うねったりするのは、女子より嫌悪しているのか。

ちなみに、特徴別で差異の大きい傾向のものを見てみると

©sirabee.com

「キャンプに行ったことがある」67.3%、「汗っかきだ」67.1%、次いで「ラーメンが好きだ」66.9%が7割近く、それぞれあてはまらない人との差が、約15ポイントから20ポイント以上開いた。

■傘をささないと自由な気分に

実際に「ちょっとの雨なら傘をささない」人に話を聞いた。

「降り始めとか、迷いますよね。長い傘を持っている時は、まあまあサッと開くんですけど、グズグズささないのは折り畳み傘。あれって『持ってるけど、出して開くの面倒くさい』って気分になるじゃないですか。

それである程度濡れちゃうと、“ま。いいか”って感じで、ズルズルいっちゃいますね。(笑)」(20代・女性)

「雨が好きというか、傘をささずに濡れるのが元々好きなんです。子供の頃はよくびしゃびしゃになって、親に怒られましたねぇ。みんなが傘をさしているのに、自分だけ傘をささずに歩いていると、なんだか“自由だ!”って気分になるというか。(笑)。

でも、もういい大人なっちゃったから、なかなかそんなこともできないんで、あきらかに傘をささなきゃいけなくなるまでは、平静を装いながら内心では嬉々として、そのまま歩いています」(30代・男性)

折り畳み傘だと、ちょっと開くのが面倒になる気持ちも、雨に濡れながら歩くのが、自由な気分になるのも、よくわかる。

風邪をひかないようには気をつけたいが、少しだけなら、雨に濡れてみるのも楽しいかも。

・合わせて読みたい→「雨が降っているので…」仕事を休んだことがある人の割合は?

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1342名(有効回答数)