「自分に自信がない」という悩み カズレーザーのアドバイスが「的確すぎる」と絶賛

「自分に自信がない」という悩み カズレーザーのアドバイスが「的確すぎる」と絶賛

「自分に自信がない」という悩み カズレーザーのアドバイスが「的確すぎる」と絶賛

©sirabee.com

他人と比較して自信をなくし、落ち込んでしまうこともあるだろう。時には、「自分には個性がない」と自己嫌悪に陥ることも。

こういった誰しもが抱える悩みに対して、7日深夜放送の『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(32)の回答が「すばらしい」と話題を呼んでいる。

■「自分に自身がもてない」と悩む女子大生

番組では「カズレーザークリニック」という、悩める女子大生たちにカズレーザーがアドバイスを送る企画を放送。

その中で、美大2年生から「自分に自信がもてない」と悩みが飛び出した。毎回かならず課題を提出しているのにB判定の成績が続き、テストの結果でもいつも下のほうだという。自分の作品が認められないことから、「自分には才能ないのかな」と思うことも。

そして、周りの評価が気になり自信を失くしていったようだ。今では、自分の作品にも自信がもてなくなったという。

■「個性なんてない」とアドバイス

この悩みに対して、カズレーザーは「自分よりも能力が高い人がたくさんいるから自信がもてないだけ」とアドバイス。片っ端からコンペに参加することを提案し、成功が増えると自信に繋がると主張した。

また、「勝てる試合を選ぶのが一番いい」とし、アスリートでも勝ちグセをつけるために弱いところとも戦っていると説明。負けた思い出はすぐ消えるが、勝った喜びはストックできるとアドバイスした。

カズレーザーの言葉に、女子大生は「意見が新鮮」と驚いた様子。「個性を磨いていったほうがいいんじゃない?」と言われると思っていたようだ。

するとカズレーザーは「個性なんてないと思うよ世の中に。みんな一緒だと思ってるし」とバッサリ。「そんな変わった人なんている?」と疑問のようだ。

すると、女子大生は目の前のカズレーザーを指差した。これに対して、カズレーザーは「同じ人間だと思うけど」と納得がいかない様子だった。

■「自分は個性的」が3割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,500名に「個性」について調査したところ、およそ3割が「自分は個性的だと思う」と回答。

©sirabee.com

4人に1人が自らを個性的だと自覚しているようだ。ある意味では自信があるともいえるかもしれない。

他人からの評価が気になり、自分を見失ってしまうことは誰にでもあるだろう。そういうときは、カズレーザーのアドバイスのとおり、当たって砕けての精神で成功例を増やして自信をつけてみるのもいいかも。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年7月22日(火)〜7月25日(金)
対象:全国20代〜60代 男女ユーザー計1500名

関連記事(外部サイト)