神様は見ている! 「人に優しくしたら」返ってきたエピソード

神様は見ている! 「人に優しくしたら」返ってきたエピソード

神様は見ている! 「人に優しくしたら」返ってきたエピソード

(miya227/iStock/Thinkstock)

人に親切にすれば、まわりまわって自分に戻ってくるのかもしれない。

しらべぇ取材班は、「人に優しくしたら返ってきたエピソード」を聞いてみた。

(1)困った女性を乗せたら…

「タクシー運転手をしていた時に、女性を乗せたんですが『目的地に行きたいが、道がわからなくて困っていて…』と、住所だけ言われました。あいにくその時はカーナビのない車種だったので、地図本で調べたり、歩いている人に聞いたり。その間はメーターも入れずに、必死に目的地を探したんです。

でも調べるのに時間はかかりましたが、実際に着いたら1000円足らずの距離。『赤字だけどしょうがない。無事に着いてよかった』と諦めていたんです。でも、その女性はお会計の時に、『本当に助かりました。お釣りはいりません』と二万円をくれて、むしろ大黒字に。優しくすると、返ってくるんだと知りました」(男性・32歳)

(2)席を譲った妊婦さんは…

「高校生の時にバス通学をしていたんですが、部活終わりで疲れてバスの中で座っていた時に、もう席は埋まっている状態で、目の前に妊婦さんが。

内心では『まじか…面倒…』と思いつつも、体も大変だろうし、席を譲りました。その数駅後に、片想いしていた男性先輩が乗ってきて…私に気づいて挨拶してくれた後に、その目の前の妊婦さんにも話しかけていて、彼の姉だったと判明。

お姉さんが『この子が席譲ってくれたんだよ〜』と言ってくれて、そこからなんだかんだで話が広がり、学校内でも話すようになり、2ヶ月後くらいには交際することに。

大学で離れたのをきっかけに別れてしまいましたが、世の中って狭くて、誰とどこでつながっているかわからないから『人には親切にしたほうがいいんだな』と。この一件は、今でも記憶に残っています」(女性・29歳)

??電車で妊婦がいたら席を譲る?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,362名に「電車で妊婦がいたら席を譲る」かを聞いたところ、以下のような結果に。

©sirabee.com

昨今は、人間関係も殺伐としてきて、他人に冷たくすることでストレス発散する人も多くなっている。

しかし「人にしたことは返ってくる」ものだ。どうせなら人に優しくして、自分にも幸せが返ってくるようにしたい。

・合わせて読みたい→女子新入社員が妊娠? 「時短通勤と産休」の要求に呆れの声も

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日〜2016年11月28日
対象:全国20代〜60代の男女1,362名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)