痛い?それとも素敵?若く見せようとする人に周囲の反応は

痛い?それとも素敵?若く見せようとする人に周囲の反応は

痛い?それとも素敵?若く見せようとする人に周囲の反応は

(?AC)

年を重ねても若々しく見える人が増えている。特に女性は、健康や美容に気遣い、実年齢よりもかなり若く見られる「美魔女」がキーワードとして定着。

しかし、こうした単語がブームになる前は、年齢からかけ離れたおしゃれを楽しむ人に対し、「若作りしている」と陰口の対象となるような風潮があった。

実際に若く見え、美しい人にはそぐわないが、「ムリがあるな」という、どこか痛い感じのニュアンスを含む「若作り」。女性に限らず「ちょっと、それは…」となる人は、今も存在する。

そんな若作りをしている人に対し、多くの人はどう感じているのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代の男女1,357名を対象に「若作りする人をどう思う?」という意識調査を実施した。

■かなり寛容

全体では「自分もそうだ」3.2%、「共感する」9.3%、「理解はできる」57.1%で、比較的寛容な回答をしたのが69.6%、「違和感がある」20.3%、「おかしいと思う」10.1%のネガティブ派は約3割という結果。

©sirabee.com

3人に1人ほどは「どうなのよ?」と思っているが、半数以上が「わかるよ」というスタンスのようだ。

各特徴別などに大きな開きはないが、未既婚で比較してみると

©sirabee.com

既婚者よりも未婚の人にネガティブ派が多く、「おかしいと思う」が6ポイント上回る。

未婚よりも既婚の方が「年齢なりの振舞い」を気にするかと思いきや、寛容な結果となった。

■自由でいいけど痛いのは…

「若作り」に対してポジティブに感じている人、ネガティブに感じている人、両方に話を聞いた。

<いいと思う>

「かなり高齢になっても、ジーンズが似合うような若々しい人が増えたので、昔だったら『若作りしてる』って言われるような服装やメイクでも、そういう印象は減ったんじゃないですかね。

年をとっても元気に見えるのはいいことだし、イマドキは“年甲斐もなく”と言われるのも、悪いことじゃないと思います」(50代・女性)

<ヘンだと思う>

「全部を否定するわけじゃないですよ。でも、似合ってない人っているじゃないですか。そういうのは、みっともないなって。なんか『ただしイケメンに限る』に、近いというか…似合わない人がやるのは、やっぱりどうかと思います。

人それぞれなんで、自由でいいと思いますけど、やっぱり痛い人を見ると『辞めておけよ』って気分で見ちゃうんですよねぇ。服装だけのことじゃなく、かなり年上の上司に若ぶった仕草とかされて、ドン引きすることもあります」(30代・男性)

昔に比べて、ファッションやライフスタイルの自由度が上がり、多様化する中で、画一的な「この年齢は、この雰囲気」といった縛りは減っている。

その一方で、似合っているのか、いないのか――といった部分が、“痛い”印象になってしまうのかどうかを分けるポイントといえそうだ。

・合わせて読みたい→若く見られたい女性が大多数 一方で「若作りは痛い」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)