鮎嫌いが初めて「ウマい!」と感じた鮎料理の名店 修善寺『狩の川屋』

鮎嫌いが初めて「ウマい!」と感じた鮎料理の名店 修善寺『狩の川屋』

鮎嫌いが初めて「ウマい!」と感じた鮎料理の名店 修善寺『狩の川屋』

海の魚にくらべ、川魚は味がなく独特の匂いがするというイメージがある。とくに鮎は「キュウリの香りがする」とも言われるが、ただ「川臭いだけ」と感じる人もいるだろう。

そんな概念を覆してくれた店が、静岡県は修善寺にある『狩の川屋』。鮎の干物の元祖としても知られる同店は、多くの有名人が足しげく通っているのだとか。

©sirabee.com

■修善寺の名店はリーズナブル

©sirabee.com

記者がおとずれた6月初旬は、天然鮎漁も解禁となり、ちょうど鮎の提供が始まる時期。おすすめの『鮎の背ごし丼』と『鮎の炊き込みご飯定食』をいただくことに。

©sirabee.com

定食は鮎づくしで、炊き込みご飯以外にも鮎の味噌汁や塩焼きがついて1500円とリーズナブル。有名温泉地である修善寺でこの価格は非常に嬉しい。

■川魚の概念をくつがえす美味しさ

©sirabee.com

お待ちかねの定食はこちら。見ためも豪華でこの値段とは思えない内容だ。さっそくいただいてみると…!!

©sirabee.com

や、ヤバい! 「鮎ってこんなにさわやかな旨味のある魚だったの!?」と驚いてしまうほどの美味しさ。鯛の炊き込みご飯に勝るとも劣らない味である。

©sirabee.com

塩焼きも香ばしく、炊き込みご飯と同様にさわやかさを感じられる夏らしい味わい。鮎ってこんなに美味しかったのか…。

©sirabee.com

お次は背ごし丼。背ごしとは若い鮎の内臓を取り薄い輪切りにした刺身で、それをわさび醤油で和えて白米の上にのせたものだ。

©sirabee.com

修善寺名産のわさびと鮎の相性は言うまでもなく最強。イメージしていた生臭さはどこへ行ったのだろうか。川魚の刺身なのに…。

■川魚が嫌いな人もぜひ

あまりに美味しすぎて無我夢中で食べてしまったふたつの鮎料理。川魚が嫌いな人もきっと美味しいと思えるはずなので、修善寺へ行ったらぜひ訪れてみよう。

【狩の川屋】

静岡県伊豆市門野原226-2

・合わせて読みたい→やよい軒『鶏もも一枚揚げ定食』が『最強のからあげ定食』だとネットで話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)