合成麻薬密造で「教授」逮捕 「ブレイキング・バッドかよ」の声も

合成麻薬「MDA」密造で「薬師寺教授」逮捕 「ブレイキング・バッドかよ」の声も

記事まとめ

  • 元KAT-TUNの田中聖逮捕などで話題の薬物関連ニュースで、「教授」逮捕に注目
  • 「教授」と呼ばれる男は「薬師寺美津秀」のペンネームで『乱用薬物密造の化学』を出版
  • この報道に対し、「海外ドラマ『ブレイキング・バッド』に似ている」と述べる人も

合成麻薬密造で「教授」逮捕 「ブレイキング・バッドかよ」の声も

合成麻薬密造で「教授」逮捕 「ブレイキング・バッドかよ」の声も

合成麻薬密造で「教授」逮捕 「ブレイキング・バッドかよ」の声も

(razyph/iStock/Thinkstock)

元KAT-TUNの田中聖の逮捕など、日常的に報じられる薬物関連のニュース。若者の間での使用が深刻視されている一方で、それを作る側の人々については、あまり知られていない。

今、ネット上でひとつの事件が注目を集めている。

■密売人の間では「教授」として知られる

12日、警視庁組織犯罪対策5課は麻薬取締法違反(営利目的製造予備)の容疑で、埼玉県に住む50代の男性を逮捕したと発表した。

男が密造したのは合成麻薬「MDA」。これはラブドラッグとも呼ばれ、性的興奮を高める効果がある、科学的に製造された薬物だ。

男は「薬師寺美津秀(やくしじ・みつひで)」のペンネームで過去に『乱用薬物密造の化学』を出版。これは違法薬物の製造方法を紹介する書籍で、密売人たちには「教授」として知られていたそうだ。

なお、警察の取り調べに対し、男はお金稼ぎが目的だったと容疑を認めているとのこと。

■「ブレイキング・バッドみたい」などの声

この報道に対し、ネットではさまざまな反応が確認できる。

薬試寺教授捕まってたんか

― 零崎友識 (@zerozaki_isa) 2017年6月12日

薬師寺教授は映画の監修とかもやってましたよね

非常に残念です

― 文太 (@straypig893) 2017年6月12日

おい、アリエナイ理科ノ教科書の薬師寺教授マジで作ってやがったぞ

― tonic (@amason8933) 2017年6月12日

中には「海外ドラマ『ブレイキング・バッド』に似ている」と述べる人も。この作品は、末期ガンに冒された高校の科学教師が死ぬ前に財産を家族に残そうとドラッグの製造に乗り出し、やがて裏の世界でのし上がっていく物語だ。

自宅でMDAを製造していた教授と呼ばれるおっさんがリアルBreaking Bad

― muchoco (@muchoco888) 2017年6月12日

合成麻薬MDAを自分で作って売って儲けていた通称「教授」が逮捕ってそんなブレイキングバッドな話が日本で…!?

― ジョナサンジョーンズ (@jonasanjorns) 2017年6月12日

■20代男性の13%は違法薬物に興味あり

©sirabee.com

なお、しらべぇ編集部が行なった調査では「違法薬物を一度でも使ってみたいと思ったことがある」と回答した人は全体の1割未満。しかし、20代男性は13%が該当する結果になっている。

高度な知識も、すべては使い方次第。違法薬物をばら撒いてしまった罪をきちんと償ってもらいたい。

・合わせて読みたい⇒好きなタレントが「薬物」で逮捕 ファンを辞める割合は… 

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月16日〜2016年2月22日
対象:全国20〜60代の男女1348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)