ケチな人が多そうな都道府県はどこ? 大都市の中でもダントツだったのは…

ケチな人が多そうな都道府県はどこ? 大都市の中でもダントツだったのは…

ケチな人が多そうな都道府県はどこ? 大都市の中でもダントツだったのは…

(AH86/iStock/Thinkstock)

倹約家といえば聞こえはいいが、「ケチ!」「ドケチ!」といった言葉は、どちらかと言えばネガティブな評価に用いられる。

こうした金銭感覚は、人によっても個性があるが、地域性もありうるのだろうか。しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女557名を対象に「もっともケチな人が多そうな都道府県」について調査を実施した。

ケチなイメージが強い都道府県のトップ5をランキング形式で紹介しよう。

■第5位:北海道

5位に入ったのは、意外にも大らかな印象がある北海道。4.8%がもっともケチな人が多そう、と回答した。

■第4位:愛知県

4位は、大都市・名古屋を抱える愛知県。7.4%の支持を集めた。愛知・名古屋といえば、派手な結婚式など見栄っ張りな県民性と倹約で知られる。

お金の使い方が賢いとも言えるが、ケチイメージにつながった可能性も。

■第3位:京都府

「いけず」という言葉もあり、閉鎖的なイメージが強い京都府。ケチイメージも強いようで、9.2%に選ばれている。

■第2位:東京都

2位に入った首都・東京は10.4%。京都とは微差だが、経済の中心で物価も高い街でもあり、住民もケチな印象を与えているのだろうか。

ここまで、人口約200万人以上の大都市を抱える都道府県が「ケチな印象上位」にランクインしてきた。

それでも2位までほぼ1割だが、ひとつだけ圧倒的な支持を集めた地域がある。

■第1位:大阪府

全体の4割が「もっともケチな人が多そう」と答えたのは、大阪府。古くから商人の町で、買い物で値切るのがうまい人も多い。

ケチ=お金にかしこいというのは、商売の街・大阪にぴったりのイメージかもしれない。

©sirabee.com

・合わせて読みたい→「不倫してそうな都道府県」は東京がダントツで4割 しかし本当の実態は…

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の男女557名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)