フリーメイソン幹部の高須院長「何も悪いことしてないよ」 秘密の大宴会も公開

高須克弥院長が西野亮廣にフリーメイソンについて語る Twitterに慰労会の写真も投稿

記事まとめ

  • 『エゴサーチTV』に出演した高須克弥院長に、西野亮廣がフリーメイソンについて聞いた
  • 高須院長は「何も悪いことしてない」と発言したが、活動内容については秘密だという
  • また、高須院長はTwitterにフリーメイソンの慰労会で楽しんでいる様子を投稿している

フリーメイソン幹部の高須院長「何も悪いことしてないよ」 秘密の大宴会も公開

フリーメイソン幹部の高須院長「何も悪いことしてないよ」 秘密の大宴会も公開

フリーメイソン幹部の高須院長「何も悪いことしてないよ」 秘密の大宴会も公開

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

秘密結社フリーメイソンといえば、なにかと都市伝説のようにまことしやかに語られる存在のひとつ。中には「世界を牛耳っているのでは…」という勘ぐりもあるほど。

10日に放送された『エゴサーチTV』(AbemaTV)で高須クリニック院長の高須克弥氏(72)がその活動について語った。

■フリーメイソン幹部会員の高須氏

フリーメイソンの幹部会員(Worshipful Master)だという高須氏に、MCの西野亮廣(36)は「フリーメイソンって何してるんですか?」と単刀直入に質問。

高須氏は「何も悪いことしてないよ」とあっさり発言。しかし、活動内容については「表立って言わないという教義。手術室の中のことは話さない外科医の集まりみたいなもの」とあくまで話さないという。

西野から「僕がフリーメイソンに入りたいですって言えば入れますか?」と問われた高須氏は、「試験を受ける資格はある。かなり難しい」とし、日本のフリーメイソン会員は200人ほどだと発言。英語がないと試験を受けることができないことも明かした。

■入会のきっかけは…

また、フリーメイソンに入会するきっかけについても語った高須氏。医者になってからロータリークラブに参加し、慈善活動をしていた高須氏だったが、「つまらない活動ばかりしている」という思いだったよう。

そこへ、ある人から「ロータリークラブは、フリーメイソンでついていけなかった人たちの集まりだ」ということを聞かされる。

多忙を極める日々の中、フリーメイソンの試験を受ける機会がなかったが、子供たちが医師として一人前になったことをきっかけに、「仕事しながら好きなことをして遊ぼう」と、2012年に入会したとのこと。

■フリーメイソンの宴会の様子をアップ

また、高須氏は11日、フリーメイソンの慰労会の写真を自身のツイッターにアップ。

「フリーメイソン慰労会。どこにいくの? なう」「フリーメイソン秘密の大宴会なう」と、にこやかに楽しんでいる様子や、宴会の写真を投稿した。

フリーメイソン秘密の大宴会なう pic.twitter.com/353Zl0QwBP

— 高須克弥 (@katsuyatakasu) June 11, 2017

この投稿を見たネット民からはさまざまなコメントが寄せられている。

・秘密の大宴会にしてはなかなかオープンな…www

・かなりオープンでアットホームな秘密集会ですね

・ふつーの居酒屋さんだ。秘密の施設みたいなところでーってイメージしてた

・大衆居酒屋『フリーメイソン』大繁盛

■4割が「人に言えない秘密アリ」

仕事、プライベート問わず秘密をもっている人はいるだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「秘密」について調査したところ、4割が「話したいけど人に言えない秘密がある」と回答。

©sirabee.com

半数には満たないものの、秘密を抱えて生きている人はいるようだ。

フリーメイソンについてオープンに語りながらも、核心については話さない高須氏。しかし、宴会の様子を見ると都市伝説のような悪い組織ではないのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)