「ダイエットは明日から」の呪文 食べ過ぎちゃうのはやっぱり女子

「ダイエットは明日から」の呪文 食べ過ぎちゃうのはやっぱり女子

「ダイエットは明日から」の呪文 食べ過ぎちゃうのはやっぱり女子

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

きれいなボディラインのためにダイエットにいそしむ人や、健康のため「腹八分」を心掛ける人は少なくない。

しかし、空腹や美味しそうな食べ物を前にして、食欲にブレーキをかけるのは至難の業。ついつい食べ過ぎてしまう人も多いのでは?

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代の男女1,357名を対象に「食べ過ぎ」について、6段階での意識調査を実施した。

■やっぱり女性は誘惑に弱い?

全体では「よくする」13.0%、「まあまあする」18.8%、「たまにする」36.9%で、「食べ過ぎちゃう」と回答をしたのが約7割の68.7%。

一方、「あまりしない」13.5%、「ほとんどしない」7.2%、「しない」10.6%の「食べ過ぎない」派は31.3%でかなり少なめ。

男女別で見てみると

©sirabee.com

女性は「よくする」17.2%、「まあまあする」22.1%だけで、4割に迫る39.3%。

ちなみに「よくする」だけを見ると、20代女性は24.4%、30代女性は25.2%で、ほぼ4人に1人は「食べ過ぎ、よくやっちゃう」という結果に。

ちなみに「よくする」「まあまあする」「たまにする」の「食べ過ぎちゃう」派が多い特徴は

©sirabee.com

「匂いフェチだ」「勝負下着を持っている」「インスタグラムを使っている」と、女性率の高そうなラインナップ。

特にインスタグラムは料理写真が多いだけに、食べ過ぎとの関係は深そうだ。

■気づくとやっちゃってる

実際に「よく食べ過ぎてしまう」人に話を聞いた。

「食べるのが一番のストレス解消みたいなところがあって、つい食べちゃいますね。最近は周りにグルメな友達も増えてきて、予約の取れないお店に行く機会もできると、そこから仕事の人脈も広がっているので抜け出せません。

それに一人暮らしですが、料理も好きなんですよ。量を加減しているつもりでも、つい作り過ぎちゃうこともあって、作るともったいないから食べちゃう。食べ過ぎないでいられる要素が、ほぼゼロです。(苦笑)」(30代・男性)

「ダイエットもしているけど、食べ過ぎちゃう時がありますね。その瞬間はドーパミンが出てるのか、食べるのを満喫しているんですけど、『お腹いっぱい!』ってなった直後に、“やっちゃった…”と。

とりわけトラップになるのは、インスタ映えするデザート。ただでさえ『甘いものは別腹』って雰囲気になるのに、フォトジェニックなスイーツってカロリー高いものが多いんですよ。あのビジュアルに理性が飛ぶことが多くて、気づいたら食べ過ぎているんですよねぇ」(20代・女性)

美味しいものを食べている時の幸福感に抵抗することは、なかなか難しい。その勢いのままに目にも鮮やかなデザートのビジュアルを見たら、どれを食べるか迷うばかりで、「食べない」なんて選択肢は思い浮かばない。

体のためには控え目にしたいところだが、たまにだったら「ダイエットは明日から」や「甘いものは別腹」の呪文を唱えて、ハメを外してしまう自分を許してもいいのかも。

・合わせて読みたい→あと2ヶ月…!夏に向けてダイエットを始めた人たち

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)