ジャニオタはハート強し? 好きな人の「既読スルー」にもめげない傾向

ジャニオタはハート強し? 好きな人の「既読スルー」にもめげない傾向

ジャニオタはハート強し? 好きな人の「既読スルー」にもめげない傾向

(?ぱくたそ)

意中の人へLINEメッセージを送る場合、返信を期待してしまうのが人間の性というもの。

ところが既読の印がついても、相手が返信をくれないこともあるだろう。

そうした「既読スルー」状態で、続けて何回目までメッセージを送る勇気をLINEユーザーは持っているのだろうか?

■5回と回答する強者も

しらべぇ編集部では全国20〜60代までのLINEユーザー1,311名を対象に「気になる異性から『LINE既読スルー』されたら、続けて何回までメッセージを送るか?」調査を実施。

その結果、「0回(もう送らない)」という回答が70.8%と最も高かった。反応がない場合には、アプローチを抑える控えめな人が多いようだ。

?だが3.4%と、ごく少数だが「3回」と回答した人もいた。なかには、 5回と回答する強者も…。

■ジャニオタはハート強し?

特徴別にみると興味深い結果が。

©sirabee.com

ジャニオタだと自認している人は、はそうでない人に比べ約16ポイント「もう送らない」と回答した割合が少ない結果に。

そのぶん「3回送る」という強気な人が、約8ポイント多かった。

アイドルに熱心なれる人は、気になる異性へのアプローチも積極的になるのだろうか。

■「既読スルー」でもめげずに送った結果…

編集部では、LINEを積極的に送り続けた結果「吉と出た人」と「そうではない人」に、それぞれ話を聞いた。

・「既読スルー」後、4回チャレンジした男性

「好きな女性に対して、食事のお誘いを2回しましたが返信はなし。今度は彼女が好きなスターバックスのクーポン券をLINEで送りました。

さらに返信がないため、今度は『これが最後の連絡にします…』と、気持ち悪がられても良いと思いながら、返信を懇願。その後『そんなに言うなら…』と彼女は返信をくれて食事にこぎつけました」(35歳・男性・公務員)

・「既読スルー」後、2回チャレンジした女性

「気になるスポーツ選手の男性に『誕生日おめでとう』LINEをしたところ、返信なし。

今度は彼の出場する試合を見に行き、写メ付きで『試合みてるよ〜』と連絡したところ、それでも返信なし。心が折れました…。もう、為す術がないです」(29歳・女性・会社員)

恋愛のアプローチ手段のひとつとして、LINEを活用することもあるだろう。 気になる相手へメッセージを送信するまえに、ひとつの参考にしてほしい。

・合わせて読みたい→礼儀を学べ!職場の「後輩社員からの非常識すぎるLINE」3選

(文/しらべぇ編集部・瀬戸内レモン)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年4月21日〜2017年4月24日
対象:全国20代〜60代のLINEユーザー男女1311名(有効回答数)