おぎやはぎも激怒した「梅雨に見かけたブス」 傘マナーの問題とは

おぎやはぎも激怒した「梅雨に見かけたブス」 傘マナーの問題とは

おぎやはぎも激怒した「梅雨に見かけたブス」 傘マナーの問題とは

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

ジメジメとした梅雨の時期、不快感をともなうことも多いだろう。そこへさらに非常識な人があらわれるとイライラもMAXに。

12日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で語られた「梅雨に見たブス」たちが、話題を呼んでいる。

■梅雨の時期に見かけた驚きのブスとは

番組では「梅雨の時期に見かけた驚きのブス」について街頭インタビュー。

・汗が目立つグレー色のTシャツを着てダラダラと汗をかいているブス

・髪の毛も縛らずにいるブス

・自転車のサドルをビニール袋で覆っているブス

・雨で透けている下着がダサいブス

・「雨降らないって聞いてたのに!」と舌打ちをするブス

といった、雨への対策にイラッとする声があがった。また、

・電車内で濡れた傘を振り回すブス

・相合傘をしているときに自分だけ面積を多くとるブス

・男性と相合傘をしようとするあざといブス

など、なにかと必要な傘についてもさまざまなブス行動が目につくようだ。

■日本人の傘マナーに怒り

また、お笑い芸人・キンタロー。(35)からは「傘のパクリ」について怒りの声が。傘立てに置いていようが盗られてしまうケースが多いことから、必ず店内に傘を持ち込むように決めているとのこと。

これを皮切りにスタジオは「日本人の傘のマナー」について大激論。MCの矢作兼(45)は「日本人って財布が落ちてても届けるのに、どうして傘だけパクっていくんだろうね」と疑問の様子。

続けて矢作は、「ビニール傘は持っていっても良い風潮があるよね? 高そうなヤツは持っていっちゃダメだけど」と、日本人のビニール傘への扱いについての認識の不思議さを語る。

小木博明(45)も「だから今は盗まれてもいいように、高い傘使わないよね?」と持論を述べた。

■40代男性の4割が「傘パク経験アリ」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女600名に「傘パクリ」について調査したところ、全体の2割が「他人の傘を盗んだことがある」と回答。

©sirabee.com

男性のほうが女性にくらべ16ポイント多く、40代男性では4割が経験したことがあるという結果となった。

・合わせて読みたい→野呂佳代が番組でガチ告白! 「腰の動きに自信あります」と夜の営みアピール

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年5月19日〜2014年5月20日
対象:全国20代〜60代男女計600名

関連記事(外部サイト)