ノンスタ石田、うつ病の過去を告白 「ベランダから飛び降りそうに…」

ノンスタ石田、うつ病の過去を告白 「ベランダから飛び降りそうに…」

ノンスタ石田、うつ病の過去を告白 「ベランダから飛び降りそうに…」

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

昨年12月にタクシーへの当て逃げ事件で謹慎処分となっていたお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介(37)。一部ではコンビ解散と噂されたが、無事復帰した。

その理由には、相方・石田明(37)が乗り越えた「過去の闘病」が関係していたようだ。

■ストレスやプレッシャーからうつ病に

13日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演した石田は、つらい過去の闘病生活を語った。

中学の同級生だったふたりはコンビを結成。しかし、対人恐怖症のきらいがあった石田はフリートークができず、ストレスやプレッシャーを感じるようになったという。

それは日に日に強さを増し、嘔吐や食欲の減退など身体的にも影響があらわれるように。

ついには、ひな壇に座っていると手が痺れるようになり、「手が内側に巻いてくる」という謎の症状すらではじめるほどになった。

そして、高いところにいると地面に吸い込まれそうになったことから、病院を訪れることに。そこで「うつ病」と診断された。

■つらい闘病生活

その後、睡眠薬、抗うつ剤、安定剤を服用することになった石田。朝起きると、なぜか外で寝ていたり、大量の葉っぱがポケットに入っていたり、借りた覚えのないDVDがあったり…と薬の副作用のせいか記憶が曖昧に。

お笑い芸人をやめたい一心だったが、井上のことを考えるとそれも言い出せず、つらい日々を過ごしていたようだ。

井上は、石田のやる気のない態度に嫌気が差し、ついには解散を宣言。ふたりは次のお笑いコンクールで賞が絡まなかったら解散する約束をした。石田は「よっしゃ!」と、やっとお笑いをやめられることに喜んだという。

しかし、見事に審査員特別賞を受賞し、コンビを続行することになったふたり。石田は、医師の助言もあり、少しずつ芸人仲間らに病気について明かすように。

そして、先輩であるブラックマヨネーズ・吉田敬(43)から「俺も手が痺れる。お前の話はウケなくても、お前はおもろいねん」と同じ体験していたことを聞かされ、心が軽くなったという。

石田はこの闘病経験があったからこそ、井上の当て逃げ事件を耐えられたと語った。

■「理解ある人がいて良かった」と称賛の声

・よくぞここまで復活した。すばらしい。人生、何があるか分からないものだ

・ 人に見られる職業なんて一番大変なのに。凄いとしかいいようがない。相方がピンチの時もよく耐えたなあ

・吉田さんいい人だな。いい人に理解してもらえてよかったなと思う。幸せな家庭もできて、安らぐ場所も増えてよかった

・周りの人が理解ある人たちで良かったなと思います。吉田さん優しいな…

■40〜60代男性の2割が「うつは甘え」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,358名に「うつ病」について調査したところ、15.3%が「甘えだと思う」と回答。

©sirabee.com

40〜60代の男性は2割が「甘え」だと考えているようだ。まだまだ、うつ病に対する認知は低いのかもしれない。

「もう薬に頼ることはないです」と語った石田。闘病はつらいものだったと思うが、この経験が芸人生活に良い影響も与えたことも事実のようだ。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日?
対象:全国20〜60代の男女1358名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)