男女どちらが好きなのか…恋の悩みにカズレーザーが明快アドバイス

男女どちらが好きなのか…恋の悩みにカズレーザーが明快アドバイス

男女どちらが好きなのか…恋の悩みにカズレーザーが明快アドバイス

14日深夜放送のテレビ朝日系『お願い!ランキング』で、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(32)が恋に悩む学生たちに贈ったアドバイスに賞賛が起こっている。

(画像は安藤なつ公式ブログからのスクリーンショット)

メイプル超合金・カズレーザーが院長、安藤なつ(36)が助手を務め、悩める患者に独自のアドバイスを伝える「カズレーザークリニック」でのこと。

この日は、アーティストやアスリートの学生らの悩みにカズレーザーが答えた。

■恋を知らない男性に…

中性的な雰囲気の多摩美術大の男子学生は「自分では(対象を男女)どっちか決めないようにしている」と前置きしたうえで「恋ができない」と悩みを吐露。

これまで恋をしたことがないので男女どっちが好きか、人を好きになる感覚がわからないと語る。

安藤から「モヤモヤしない?」と問われ「全然ない。(個性的だから、偏見の眼を感じて)あーっとなると絵にぶつける。でも恋をしている時のかき乱されるような気持ちを知りたい」と答えた。

これにカズレーザーは「バカな悩みだね」と一言。

「わからないものは、わからなくていい。100mを10秒で走った光景は一生見れない。知らないものがあっても生きていける。無理やり恋愛しなくていい」

「どうしても恋愛したいなら、明日最初にあった友達を無理やり好きになる。その人を好きになれないなら自分の好み、恋愛できない理由がわかる」

カズレーザーらしいアドバイスを披露した。

■悩める学生に的確なアドバイス

ほかにも、東京芸術大の学生から「この先アーティストとしてやっていけるか不安」と経済面での将来の不安を明かすと、「いいね、君の作品10億で買うよ、っていう人が出れば最高。金あまらせてる社長紹介する」と一蹴。

恋に悩む女性アスリートたちにも、カズレーザーらしくアドバイス。

「いつも友達以上恋人未満で終わる」と悩む女性には「隙を見せる。守りのガードを下げる」。

「筋肉が邪魔でかわいい服が着れない」女性には、「テレビ見てたら浜口京子さんがかわいい服を着ていた。違和感ない。オシャレしてください」と悩みを即解決。

アーティストに女性アスリートが恋愛対象になるか尋ねると、「羨望、カッコいい」としながらも「満足させられない」と委縮。

最後にカズレーザーが「年間何試合くらいほしい?」と女性アスリートに問いかけ、爆笑の中でコーナーを終えた。

■視聴者も感心

カズレーザーのはっきりとした物言いに視聴者も感心している。

人を好きになれないには理由がある。

ほー、カズレーザーの理論おもしろい。なーるほど。

— えくるん (@sabieku) June 14, 2017

カズレーザーってまじすげぇと思う。
違った視点、知らなかった視点、新たな視点を言って心がスッキリ楽になる感覚がある。
私は別に今のままでいいんだ、これでもいいんだ、って思える。

— りおブーの愚痴(ほぼ文句) (@gokuakonna) June 14, 2017

カズレーザーってほんとズバって良いこというよね。中途半端な答えがないから、言葉に響くものがある。

— しかばねらー。 (@Wase_21) June 14, 2017

カズレーザーのアドバイスは、恋愛だけでなく、人生や仕事などそれぞれの悩みにも効果を発揮しているようだ。

■日本人の恋愛離れは顕著

しらべぇでは「日本人の恋愛離れ」について過去に調査している。

©sirabee.com

20〜60代の男女、全体平均で「恋をしている人」は15.4%。20代女性が約30%と最も高く、男性は全体的に低い結果となった。

草食系と呼ばれる男性が増えている中、女性はやはり恋愛に積極的だ。

ただ、「無理やり恋愛する必要はない」と言い切ったカズレーザーの言葉は、悩める人たちに大きく響いただろう。

・合わせて読みたい→「自分に自信がない」という悩み カズレーザーのアドバイスが「的確すぎる」と絶賛

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年8月21日〜2015年8月24日
対象:全国20代〜60代男女1,413名