最低な会社だな!「傘がきっかけで起こった」職場トラブル3選

最低な会社だな!「傘がきっかけで起こった」職場トラブル3選

最低な会社だな!「傘がきっかけで起こった」職場トラブル3選

(?ぱくたそ)

雨の日は気分も憂鬱になるし、通りすがりに傘がぶつかるなど、他人に対してイラっとすることも多々あるだろう。

傘を閉じて一歩職場に入れば安心…かと思いきや、職場内でも傘が原因となって問題が生じることもあるらしい。

しらべぇ取材班は、会社員たちに「雨の日に起こった職場トラブル」を調査してみた。

(1)従業員の傘を勝手にお客さんにあげる

「飲食店でバイトをしていたんですが。雨の日に来店したお客さんから『傘ありませんか?』と言われ、オーナーが勝手に僕の傘をあげたことがありました。

『お客さんが喜んでくれたんだからいいだろう。リピーターなってくれるよ』など言っていましたが、客がいくらこようと時給バイトの僕には無関係。

ただただ『ふざけんな!』という気分だし、新しい傘を買って返してくれる…なんてこともなかったです」(男性・26歳)

(2)人に向けて傘を開き、雨粒が飛んでも気づきもしない

「会社の玄関で、女性の後輩が雨粒がついた傘を私に向けてバッと開き、水滴がすごく飛んできました。雨粒は目に入るし、顔やスーツはびしょびしょに…。

しかし当の本人は気づきもせずに、ケラケラ笑いながら同僚と去っていきました。そこから『配慮のない女』という印象がついて、仕事も安心してまかせられなくなり…。

現によくよく見ると、仕事中も友達とくっちゃべってばかりだし、人目を盗んではスマホいじりとかしているし。傘の一件で、本性が知れました」(男性・28歳)

(3)他人の傘を勝手に持って帰る

「雨の日に自分の傘を持ってこないくせに、帰りは他人の傘を持って帰る男性上司がいます。それも男女の関係なく、手元にあるのを勝手に盗む…。

それをみんなでやんわり注意したら『傘くらいでなんだ! たかだか1本くらい』『そんなに嫌なら2本持ってきて、予備に置いておけよ』と開き直り。

『あなたが傘を持っていくと、きちんと傘を持ってきた誰かが、濡れて帰ることになるんです! 人の気持ちを考えろ』と、耳元でわめいてやりたいです」(女性・26歳)

??周りは迷惑? 傘泥棒の経験者は…

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女計600人に「自分の物ではないとわかっている傘を持っていったことがあるか」を調査したところ、およそ5人に1人の割合で「ある」と回答。

©sirabee.com

コンビニのビニール傘でも、500円以上の値段がつく品である。他人の傘を持ち去るのは立派な犯罪でもあり、盗まれた人にとって迷惑きわまりないもの。

大きなトラブルに発展しないためにも、傘泥棒はやめたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→梅雨の悩み…「折りたたみ傘vs長い傘」持って行くのはどっち?

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年5月19日〜2014年5月20日
対象:全国20代〜60代男女計600名