降水確率を勘違い? ビニール傘が溜まる人に恋愛下手フラグも

降水確率を勘違い? ビニール傘が溜まる人に恋愛下手フラグも

降水確率を勘違い? ビニール傘が溜まる人に恋愛下手フラグも

(fotohunter/iStock/Thinkstock)

突然の雨で傘がなくて、ビニール傘を買う。100円ショップなら大した額じゃないが、コンビニなどでは500〜700円くらいで、「高くもないけど、安くもない」といった金額だ。

しかも、それが重なると結構な出費につながるし、家にビニール傘が溜まっている状況で新たに購入する際に、ちょっと悔しい気分になる人も多いのでは?

しらべぇ編集部は全国の20〜60代の男女1,342名を対象に、「ビニール傘が溜まる」という人の割合を調査した。

■恋愛失敗しがち!?

全体では17.1%が、「ビニール傘が溜まる」と回答。男女別では男性が18.3%に対し、女性は15.8%で、わずかながら男性が多い。

しかし、性別・年代別で見てみると

©sirabee.com

最も多いのは20代女性の23.3%。20代は男女共に2割を超え、30代男性も22.6%と20代女性に次いだ数値に。

50代男性も18.7%でやや多めではあるが、全体に若い人の方が「溜まりがち」のようだ。

そして、特徴別では

©sirabee.com

「霊感がある」が半数超えの51.7%。霊感はあるけど、雨の予感は感じられないらしい。

続いて、「不倫された経験がある」42.8%、「勝負下着を持っている」41.5%、「ダメな異性が好きだ」38.4%といった、恋愛系の特徴が並ぶ。

しかも、勝負下着はいいが、不倫されちゃったり、ダメな異性が好きだったりと、ネガティブな傾向だ。もしかしたら、ビニール傘が溜まっちゃうのは恋愛下手フラグなのかも…。

■降水確率の理解が間違っていた

実際に「ビニール傘が溜まる」という人に話を聞いた。

「傘をさすこと自体もあんまり好きではないですが、折り畳み傘が本当に嫌いなんですよ。鞄に入れて持って歩くくらいは、荷物になってもあまり気にしませんが、あれを使うのが憂鬱で。

なんか使っていて、ちゃちな感じがするというか、カチャカチャするのがイヤ。たまに折り畳み傘が鞄にあるのに、100均があったらビニール傘を買っちゃいます。まあ、だから、溜まりますね。(苦笑)」(40代・男性)

「最近になって知って、すごく恥ずかしい思いをしたんですけど、天気予報の降水確率って雨の降る確率じゃなくて、『一定の時間内に1mm以上』雨が降る確率なんですね。

友達に『どうして降水確率40%で、折り畳み傘を持ってこなかったり、洗濯物を干してきたりするの?』と言われるのを不思議に思っていました。確率は半分以下なのに…と思っていたので、1o以下ならもっと降る可能性があると知った時は衝撃でした。

そんなわけで、傘を持たずに家を出ることの多い私の場合、どうしてもビニール傘が溜まることになっていたのですが、もうわかったので大丈夫! な、はず…」(20代・女性)

折り畳み傘が嫌いでビニール傘が溜まるのもちょっと極端だが、天気予報の「降水確率」の理解が間違っていたせい――というのは、なかなかの理由。

彼女が感じていたであろう「また天気予報が外れて、雨が降った」という状況を想像すると、ちょっと笑ってしまう。

晴れ間も多いが、広い地域でまだ梅雨は続く。会社の置き傘などで活用しているビニール傘の出番も、しばらくは続きそうだ。

・合わせて読みたい→広範囲で梅雨入り!少しの雨なら傘をささないのは男子より女子

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1347名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)