汚すぎる!義両親の最悪だったトイレで起きたエピソード3選

汚すぎる!義両親の最悪だったトイレで起きたエピソード3選

汚すぎる!義両親の最悪だったトイレで起きたエピソード3選

(Zerzaaman/iStock/Thinkstock)

義両親と嫁との同居はなにかとトラブルが起こるものだ。とくにトイレは、衛生面などもあり、お互いにイラッとすることも…。

しらべぇ取材班は、義両親との同居経験のある女性たちに「トイレ事件」を聞いてみた。

(1)トイレの扉を全開したまま用を足す

「姑は、扉を全開にしたままトイレで用を足すんです。前を通った時に、便座に座っている姑と目が合うのも気まずいし、匂いもダイレクトにきて不快に…。

『トイレ扉は閉めたほうが…』と言うんですが、『もう恥じらう年でもないし大丈夫よ』と…。あなたは良くても、見せられているほうは迷惑なんです!」(女性・36歳)

(2)朝ごはんをトイレに持って行って食べる

「義父の朝ごはんはおにぎりかパン…と、持ち運べて食べれらるものを希望されているんですが…。その理由がトイレに持っていき、用を足しながら食べるからなんです。

『忙しいから時間短縮』『どこで食べても味は変わらない』などと言っていますが、不衛生だし、想像するだけで気持ち悪くなりますね…」(女性・30歳)

(3)「嫁が片付けるからいい」とトイレに下着を放置

「トイレ掃除は、私の仕事なんですが。義両親は『嫁がするからいい』と、私をお手伝いさんだとでも思っているのか、汚し放題でつらいです。

便座に汚れは当たり前、トイレットペーパーは床にボロボロ落ちているし、お風呂に入る前にトイレに行き、そこで靴下や下着を脱いでそのまま放置。ムカつきます」(女性・36歳)

??自分はよくても、他人は迷惑?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の1371人に「トイレの鍵をしめないことがあるか」を調査したところ、以下のような結果に。

©sirabee.com

「親しき仲にも礼儀あり」とも言われる。自分は良くても、用を足すのを見てしまった人は不快になることもあるので、トイレの扉や鍵はしっかりと閉めたほうがいいかも。

・合わせて読みたい→流し忘れのトイレはどうする? 入らない人に「流せよ」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年11月20日〜2015年11月24日
対象:全国20代〜60代の男女1371名

関連記事(外部サイト)