6月22日はボウリングの日! レーンで見かけた「変な投げ方」3選

6月22日はボウリングの日! レーンで見かけた「変な投げ方」3選

6月22日はボウリングの日! レーンで見かけた「変な投げ方」3選

(gpointstudio/iStock/Thinkstock)

6月22日は、ボウリングの日。1970年代、中山律子や矢島純一など華やかなプロボウラーが人気となり、一大ブームになった。

熱狂的なブームは去ったものの、現在でも幅広い年代層に根強い人気を持つボウリング。これだけ長きに渡り、老若男女が楽しめるスポーツは珍しいのではないだろうか。

■1人で楽しむ人も増加中

ボウリングといえば、仲間とワイワイ騒ぐのが楽しみのひとつ。しかし、最近は1人でボウリング場を訪れるプレーヤーも多いという。

ちなみにしらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,342名を対象にした調査では、20代の16.5%が1人で楽しんでいることが判明。

©sirabee.com

調査結果を見るかぎり、若者に1人ボウリング愛好者が増加しているよう。誰にも気兼ねせず、思いっきり集中してハイスコアを目指すことに、「物事を追究する楽しさ」があるのかも。

■ボウリング場のレーンで見かけた変な行動3選

「1人で行くと、変な人をよく見かけてしまう」と話すのは、ボウリングをこよなく愛し、1人で日々トレーニングを重ねるBさん。どのような人を見かけたのか、聞いてみた。

(1)振りかぶって投げる人

「ボウリングは基本的に流れのなかでボールを投じるものですが、たまに立ち止まり野球の投手のように振りかぶる人がいます。だいたいガーター。かっこ悪いですよね」

(2)股の下から両手で投げる人

「ボールを両手で持ち、そのまま股の下から投げる人。女性に多いですよね。そんなに重いなら、もっと軽いボールを選べばいいのに…」

(3)ボールを落とす人

「かっこよくカーブを投げたいんでしょうが、親指をかけていない状態で後ろに引いて、そのまま落とす人。周囲もドン引きです」

場を盛り上げるため「ウケ狙い」「うまい自分アピール」もいいが、ボウリングに失礼にならないよう気をつけたい。

・合わせて読みたい→【独特過ぎて逆に面白い】紅白の裏で放送していた番組(超マニアック編)

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)