「お中元」贈答件数を調査!多い人の意外な特徴が判明

「お中元」贈答件数を調査!多い人の意外な特徴が判明

「お中元」贈答件数を調査!多い人の意外な特徴が判明

(dolgachov/iStock/Thinkstock)

今年もお中元のシーズンが近づいてきた。お世話になった人たちへの感謝の気持ちや、親しい間柄の人との結びつきを大切にする、古くから伝わる風習として知られている。

しかし、しらべぇの調査では、夏ギフトの贈答に積極的な人は全体の3人に1人。ひと昔前と比べると慣習が失われているようだ。

■今年お中元を贈る件数は?

そこで編集部では、全国20〜60代で、今年、お中元を1件以上贈る予定と回答した男女491名を対象に、贈答件数について調査を実施した。

©sirabee.com

平均すると、3件程度。「2件」(26.5%)と回答した人が最も多く、「1件」(26.3%)、「3件」(12.6%)と続く。3人に2人は贈答件数が3件以下だった。

一方、「10件以上」も4.5%と一定数は存在する。また、男女別、年代別で贈答件数に傾向は見られなかった。

■贈る件数が多い人の特徴

お中元を贈る件数が多い人について調査を進めると、いくつか特徴が見えてくる。

「学生の頃ガリ勉だった」と回答した人で、今年、4件以上贈ると答えたのは50.0%。ガリ勉でない人と18ポイントも差がある。会社や親戚だけでなく、学生時代にお世話になった恩師に贈るケースもあるだろう。

さらに、ゲーマーはそうでない人と比べて16ポイントも高い。ゲーマーとお中元という伝統習慣はかなり意外な組み合わせだが、アイテム交換や協力プレイなど、人との関係性を大事にする気持ちが、ゲームを通じて培われるのだろうか。

また、霊感がある人では55.1%。過半数が4件以上贈ると積極的である。先祖を敬い、親戚づきあいや習わしを大切にしている傾向があるといえそうだ。

©sirabee.com

各百貨店やスーパーでは、お中元の早期購入特典として、7月初旬ごろまで割引や送料無料などのサービスを実施している。贈り先が多い人ほど、特典をうまく活用したいところだ。

・合わせて読みたい→迷ったらコレ! 「お中元ギフト」人気ランキングを発表

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:今年、お中元を1件以上贈る予定と回答した全国20代〜60代の男女計491名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)