暗黒の密室でわいせつ行為 ネット社会を具現化「ブラックボックス展」が物議 

暗黒の密室でわいせつ行為 ネット社会を具現化「ブラックボックス展」が物議 

暗黒の密室でわいせつ行為 ネット社会を具現化「ブラックボックス展」が物議 

(Edward Chan/iStock/Thinkstock)

5月6日から6月17日までの期間、匿名のバーチャルアーティスト・なかのひとよ氏による『ブラックボックス展』が開催された。

「2061年からやって来た未来人」と自称し、『サザエBOT』というツイッターアカウントの集合意識として、風刺的なツイートやフォロワーとの共犯型イベントなどで注目を集めている氏の個展だ。

個展は連日長蛇の列ができる大盛況となったが、そのアヴァンギャルドな展示内容に、ネット上では様々な意見があがっている他、深刻な被害を訴える人も続出している。

■謎に包まれた美術展

『ブラックボックス展』は、開催当初から作者に意向により展示内容が一切開示されず、写真・動画撮影、ネット上への書き込みなどを規制する「謎の個展」として話題に。

さらに、盛況を受けて会期が延長されると6月13日から「『アルテマレベル』にアップデート」され、入場規制が敷かれることとなった。

「アルテマレベルでは、本展覧会に適した精神・態度基準に達する者でなければ入場することができません。すべての来場者に入口でバウンサー(門番)による『鑑賞者の選別』が行われ、「選ばれし者」のみが入場可能となります。

選別基準はバウンサーの独断によるため、落選理由の詳細は勿論のこと、苦情等も一切受け付けません。たとえ遠方からの訪問であっても、行列に数時間並んだ後であっても、プレス記者であっても、アート関係者であっても、この『鑑賞者の選別』は平等に行われます」

公式サイトによると、髪型や服装などがジャッジに影響するとかしないとか…。

■「ブラックボックス」で痴漢が多発する大惨事

「ブラックボックス展」について、ネット上に書き込むことができる内容については若干の規制があるものの、体験した人たちから様々な感想があげられている。

入り口にて『鑑賞者の選別』を受け、同意書に署名をして中に入ると、完全に光が遮断された「真っ暗な部屋」に通されるという。

その「ブラックボックス」の中で「痴漢に遭った」とする書き込みが殺到しており、会期終了と共に徐々に明らかとなった展示内容が物議を醸している。

#ブラックボックス展

別名痴漢ボックス
自分の他にも一般人男女十数名が真っ暗な部屋にいてウロウロするだけなんだけど、壁がないか手を前に出しながらおぼつかない足取りで歩くと誰かの手にあたりそのまま握られたり、掴まれて引っ張られたり。最悪抱きしめられたりされる

— とむ (@tmpocke) June 17, 2017

#ブラックボックス展

因みに人の闇をみた、というのは私語厳禁、姿も性別も分からない状態所謂"匿名"なので、何しても平気だと思った人間男女関係なく知らない人に対して平気で痴漢行為する奴がいたってことで闇

— とむ (@tmpocke) June 17, 2017

#ブラックボックス展

部屋から出ると出口付近に紙があって読むと
「感想をSNS上で載せるのはOK、但し条件があります」
・絶賛する感想の投稿
・酷評する感想
の内容に限り公言を許可します。
また、公言するにあたり嘘の展示内容を連想する投稿を許可

結果みんなの感想は………

— とむ (@tmpocke) June 17, 2017

嫌な感想としては、
胸揉まれた。
4回ほど。
たぶん同じ人。

痴漢ですね。

#ブラックボックス展

— 命懸けで立つ死体 (@butoh_kagami) June 17, 2017

#ブラックボックス展
たまたま、手が当たったんじゃないんですよ。
抱きしめられて、体撫で回されて、追いかけられて何度も何度も抱きしめようとされたり抱きしめられたり、胸を触ろうとしてきたり、しゃがんで脚を触ってきたり、これはたまたまでは済まされないことだと思います。明らかな痴漢です

— ソラア (@BluuuuuueSky) June 17, 2017

ブラックボックス展行って来たけど、痴漢はガチ。

— スク氏 (@sukusine) June 17, 2017

ブラックボックス展、痴漢に遭ったという話が出てますが、私もやられたと思います。胸を揉まれた。最初は間違えたのかなと思ったけど、光が差し込まれる入り口から入った途端にがっつりと揉まれました。真っ黒だから相手の顔見えなかった。後からよくよく考えるとわざとなのかなって。

— Makihara Eri 牧原依里 (@MakiharaEri) June 17, 2017

この他にも、「知らない男に抱きつかれた」や、意図的に顔を触られ、唇の位置を確かめられた上でキスをされたなどの投稿がみられ、「強制わいせつなのでは?」との意見も。

■「これもアート?」混沌とするツイッター

作者から「嘘の展示内容を連想させる投稿」を許可する旨の紙を渡されるなど、入場者によるネット投稿や、それによって起こる現象をも「作品の一部」とする意図を感じる本作品。

「ブラックボックス」が投影した様々な事象に「どこまでが作者の意図なのか」と、痴漢被害者の激しい感情も入り混じり、ネット上の「#ブラックボックス展」は混沌としている。

#ブラックボックス展 すごい。最後に渡されたというこの1枚でネタバレ解除になってなおこのイベントに関する全てのツイートの信頼性が一気に消滅するという情報社会の「呪い」が現代に顕在した。
「痴漢までがアート」とまでは言わないが、「痴漢されたツイートまでがアート」とは恐れ入った。 pic.twitter.com/exjSl46WZn

— 小野利益 a.k.a DJ T-ono (@onoryaku) June 18, 2017

「痴漢も含めてブラックボックス展なのかもな…」みたいな芸術家ぶってんだか悦に入ってんだかわかんないツイート結構見ますが、

痴漢は

ただの

犯罪です#ブラックボックス展

— 安田 灯 (@sousaku_akari) June 17, 2017

ブラックボックス展から出てきた人が怯えてたり泣いてたりしてた女の子って痴漢された子達だったのか( ´Д`)y━ ブラックボックス展は痴漢ホイホイ。 運営側は予見できたはず。

— chio (@8Luxuria8) June 17, 2017

人間心理を巧みについてくる。今週に行く人が最も心が揺さぶられるはず。おそらく入場できなかった人が選ばれし人。オススメもやめとけとも言えないが感情の行き場がないから呟く。なかのひとよに完敗した感じ。#ブラックボックス展

— サヨナラCOLOR (@1andMORE) June 14, 2017

ブラックボックス展は「痴漢は女性の服装に誘発されて行われるのではなく、環境によって行われる」という事が実証されるための展示だったんですね。その点に関しては感謝しなくもないなんて事は一切無いですね絶対に許さない。

— わこー (@wakooreda) June 17, 2017

「ネット社会」を風刺してみせたかのような、ブラックボックス展。最大の争点は、「痴漢被害」も作者が意図していたのか、それとも予見出来なかったのかどうか。

感想としてあげられているものは、人間の心理をついた巧みな演出を評する声、「痴漢じゃなくて、窃盗や傷害事件にもなりかねなかった」といった酷評と様々。

現在、作者であるなかのひとよ氏のツイッターは非公開となっており、口コミの混沌化に拍車をかけている。

痴漢被害者が体験した恐怖は測り知れず、痴漢は立派な犯罪行為であり、許されることではない。「『匿名』が人間に及ぼす影響」として考えると、末恐ろしい悲惨な結果である。

・合わせて読みたい→レイプ被害に遭ったら「72時間以内に緊急避妊」 産婦人科医がSNSで周知

(文/しらべぇ編集部・もやこ 参照/SCIENCE GALLERY LAB AXIOM HP)

関連記事(外部サイト)