リアル『弱ペダ』 2年でロードレース日本一になった高校生がスゴい

リアル『弱ペダ』 2年でロードレース日本一になった高校生がスゴい

リアル『弱ペダ』 2年でロードレース日本一になった高校生がスゴい

(canaran/iStock/Thinkstock)

どんな芸事やスポーツでも、高いレベルで争おうとするのであれば幼い頃からたゆまぬ努力を続けることが必要だ。だが、中には始めて間もないうちに才能を一気に開花させる人もいる。

28日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、マンガのような高校生の話が紹介され、ネット上で大きな話題になっている。

■自転車通学してるうちに才能に気づく

この日、番組で紹介しれたのは山梨県韮崎高校の帰宅部・山本くんが自転車競技(ロードレース)で全国優勝を果たしたというニュース。

彼は高校から自転車を始めたのだが、そのきっかけは「定期代を浮かせるため」というもの。自宅から高校まではおよそ10キロと自転車にしてはそう遠くない距離だったが、山梨特有の山道で非常にアップダウンを多い道だった。

最初はキツかったがやっているうちに変わっていき、通学時間も30分から15分に。

快走する彼の姿を電車から見た友人の勧めで、他校で行われている合同練習会に参加。軽い気持ちでの参加だったものの、そこで健闘し、

「わりと速いんじゃないか」

と自分のロードレースの才能に気づくことに。

■「クライマー」として開花 2年で全国優勝

しかし、残念なことに彼の在籍する高校には自転車部がなく、ネットや書籍などを通じ、独学で勉強することに。山道60キロを毎日登ったり、自宅トレーニングを経るうちに「クライマー」としての才能が開花していった。

「クライマー」というのはロードレースにおいて、山登りのスペシャリストを指す言葉。坂道を登っていくことは、平坦道を進む以上に実力差が出やすいため、持って生まれた資質にも大きく影響を受ける。

そして、ロードレースを初めてからわずか10ヶ月で、成人も参加する大会で優勝。その後、個人で出場した今年3月の「全国高等学校選抜自転競技大会」にて、優勝を果たしたのだ。

■「弱ペダかよ」「リアル小野田坂道」などの声

ロードレース歴2年にして高校日本一になった「最速の帰宅部」に対し、ネット上は大盛り上がり。「リアル『弱虫ペダル』じゃん」「小野田くんやないか!」などの声が確認できる。

リアル小野田坂道くんじゃん

― momoka (@hak_dndn35) 2017年6月29日

すごwww
ほんとリアル小野田くん>RT

― あんぱんグッズ整理中@ツイプロ必読 (@ONEPIECE07771) 2017年6月29日

メガネかけてるしこれはもう小野田くんでは?

― 菊彦@ダイレボ一般 (@Cervianchi) 2017年6月29日

■『弱虫ペダル』小野田坂道とは

ツイッター上でも多くの人が言及していた『弱虫ペダル』の小野田坂道。これは少年誌に連載されている人気マンガで、ロードレース競技に打ち込む男子高校生たちを描いた作品だ。

主人公・小野田坂道は高校からロードレースを始めた小柄な少年。メガネなオタクで決して体育会系とは言えないが、子供の頃から毎週末に秋葉原までママチャリで往復90キロかけて通っていた過去を持ち、後に才能を大きく開花。

1年生にして、インターハイの頂点に立つ……というキャラだ。しかも、並外れた回転数(ケイデンス)を生かした特徴的な登り方をする、登り坂のスペシャリストである。

「文化系な見た目」「日常の中で自転車の能力が鍛えられる」「初心者で全国優勝」……など、共通点が複数あったため、山本くんは小野田くんに重ねられたようだ。

■マンガ以上にマンガみたいな話

©sirabee.com

ちなみに、しらべぇ編集部が行なった調査では「運動音痴だと思う」と回答した人は全体の4割強。

小野田くんもここに入るが、ロードレースは球技やリズム感が必要な他スポーツはまた違う才能が必要なため、彼のようにいきなり新星が出て来ることもあると言われるが、まさかここまで小野田くん的だとは……。

世の中には、マンガ以上にマンガみたいな実話があるのだな……そう感じさせるエピソードであった。

・合わせて読みたい⇒【法律コラム】高額な賠償額にビックリ! 自転車事故の原因が「欠陥」によるケース

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日〜2017年6月27日
対象:全国20〜60代の男女1358名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)