ウエンツ瑛士が体罰問題に持論 「思い出を美化するな」に共感の声

ウエンツ瑛士が体罰問題に持論 「思い出を美化するな」に共感の声

ウエンツ瑛士が体罰問題に持論 「思い出を美化するな」に共感の声

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

「教師による体罰」は一筋縄ではいかない問題であり、その線引きの判断は難しいといえる。

そして、体罰の必要性についてもさまざまな議論がある中、18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)のウエンツ瑛士(31)の発言が話題に。

■松本、東野「一発くらいならしかたない」

番組では、私立高校のサッカーコーチが生徒へ体罰を行う動画が投稿された件について特集。松本人志(53)は「角材で殴られた」、東野幸治(49)は「何発もビンタをくらった」など体罰を受けた経験を話した。そして、「一発ぐらいならしかたない」と体罰の必要性を説く。

その話を受け、ウエンツは「思い出が美化されてる」と批判。そうやって育ってきた人たちがまた体罰をしているのではないか、と指摘した。

■「尊敬と愛情」を指摘

そして、ウエンツは両親、教師から一度も体罰を受けていないことを明かし、例え話として松本と東野から体罰を受けた想定で話を展開。

「『ワイドナショー』のできが悪くて殴られたらどうだろう」と想像したとき、松本からの体罰なら耐えられるが、東野からの体罰は「マジでブチギレる」と指摘した。

松本からの体罰に耐えられる理由として、ウエンツ自身が松本を尊敬していることや、松本からの愛情を受け取っているからとし、判断基準は「愛情」だと語り、教師への尊敬と、教師からの愛情のバランスが体罰のキーワードだと主張。

この話を受け、ブチギレると言われた東野は「こっちもその10倍ブチ切れるわ!」とウエンツに対して怒りをあらわにし、スタジオは笑いに包まれた。

■ウエンツの意見に称賛の声

ウエンツが指摘した「尊敬と愛情」について、ネット民からもさまざまな意見が。

・ウエンツの言ってること分かるな。結局体罰の是非って指導者との信頼関係ありきだと思う

・ウエンツの言ってることそのまんまだよ、「昔体罰を受けた人が時間が経つにつれて美化して語り継いでる」。悪しき風習だよ、これ

・ウエンツめっちゃ良いこと言う。ホントそう思ってた。体罰の話になると昔は〜っていうの不思議やったなぁ

・間違いない。やるな、ウエンツ。結局のところ、問題は体罰ではなく、指導者のレベルなんだな

■体罰経験は2割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,348名に「体罰の経験」について調査したところ、およそ2割の人が「教師から体罰を受けたことがある」と回答。

©sirabee.com

世間の流れもあり、20代がもっとも少ない結果となった。

体罰は絶対に許してはいけない行為だ。しかし、指導と体罰の境界線はウエンツの言うように尊敬と愛情の問題なのかもしれない。

・合わせて読みたい→ツッコミがボケに迷惑をかける? 『ワイドナショー』 松本人志の漫才コンビ論に納得の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月19日〜2016年2月22日
対象:全国20代〜60代の男女1348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)