流し忘れのトイレはどうする? 入らない人に「流せよ」の声

流し忘れのトイレはどうする? 入らない人に「流せよ」の声

流し忘れのトイレはどうする? 入らない人に「流せよ」の声

(Robert Byron/Hemera/Thinkstock)

公衆トイレを利用しようとしたら、前の人の置き土産が…。流し忘れがあって、別の個室に入った経験がある人も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「トイレの利用について」の調査を実施。

「流し忘れのあるトイレに入ったことがある」と答えたのは、全体で70.4%と多い結果であった。

■他が空いてなければ流し忘れのトイレを使う

男性よりも、女性のほうが多い結果になっている。

©sirabee.com

女性は個室しか使わないので、流し忘れに遭遇する確率も上がるのだろう。

「他が空いていれば、流し忘れのところは避ける。そこしか空いていない場合には、自分で流すようにしている」(30代・女性)

「並んでいるのにひとつだけ個室が空いていて、おかしいなと思ったら流してなくて。そんなの、押せばいいだけなのに」(40代・女性)

大半の女性は、自分で流して処理をしているらしい。

■「なぜ流さないのか」との疑問も

年代別ではどの年代も高い割合だが、20代がわずかに少なくなっている。

©sirabee.com

公衆トイレがきれいなっていくのはいいことだが、神経質になりすぎる人も。

「流していないトイレを見ただけで、入りたくなくなる。近づくのも嫌」(20代・女性)

根本的なことに、疑問を持つ声も。

「なんで、流し忘れるのかな? トイレをする一連の流れとして、流すこともは体に染み込んでそうなのに」(20代・女性)

しかし、最近はトイレのハイテク化が進んだために、こんな人も。

「昨年引っ越しをして、自宅が自動洗浄トイレになりました。職場も数年前から同じタイプで、気づけば自分で『トイレを流す』習慣がなくなっていて…。友人宅で注意されて、ものすごく恥ずかしかったです」(30代・女性)

流し忘れをしたくてする人はいないと思うが、トイレを出る前に確認するなどして、注意したいものである。

・合わせて読みたい→うんちがついた公衆トイレ利用できる? 人の汚れまで拭く健気な人も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)