家ではゴミを放置…でも勝負下着はばっちり用意の「隠れ不潔」たち

家ではゴミを放置…でも勝負下着はばっちり用意の「隠れ不潔」たち

家ではゴミを放置…でも勝負下着はばっちり用意の「隠れ不潔」たち

(?ぱくたそ)

「ゴミはゴミ箱へ」と、子供の頃から耳が痛くなるほど教えられたはずだ。しかし大人になっても、できていない人は残念ながら多い。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「ゴミのあつかいについて」の調査を実施。

「家ではゴミをゴミ箱に入れず、近くに置いたままにすることがよくある」と答えた人は全体で、23.0%だった。

■後で捨てるつもりが忘れてしまう

性年代別では、男女ともに20代が一番多くなっている。

©sirabee.com

しかも20代は、男性よりも女性のほうがゴミをそのままにしておく人が多いのだ。

「また動くときに捨てればいいやと置いていたら、忘れてそのままになっていることが多い」(20代・女性)

家の中なら自分の問題なので、よほどのゴミ屋敷でない限りは周囲を困らせることはない。無精な性格の人たちは、他人の目がないために、そうした状況に拍車がかかるようだ。

「外見はがんばっているけど、人に見えないところは放置ぎみ。私の部屋は、確実に汚部屋に入ると思う」(20代・女性)

身なりが整っているからといっても、きれい好きとは限らないとようだ。さらには、エコといえなくもない行動を取っている人も。

「鼻をかんだティッシュを近くに置いておいて、もう一度使うことがよくある。節約のつもりはなく、近くにあるから手が伸びてしまう感じ」(30代・女性)

■勝負下着はきれいだけど普段の下着は…

傾向別では、さらに興味深い結果が。

©sirabee.com

勝負下着を持っている人は、4割と高い割合になっているのだ。

「下着は見えないから、普段はどうでもいい。少しほつれていても、まったく気にしない。デートのときだけ、きれいな勝負下着をつける」(20代・女性)

彼氏はきれいな下着をつけたところしか知らないので、事実を知ったら驚くだろう。

「彼氏がいないときには、とことんズボラになる。ここ数年いないから、適当もいいところ」(30代・女性)

外と家で性格が違う人も多いが、衛生面でもその法則があてはまるようだ。

・合わせて読みたい→不潔男にしか見えない!「男性の部屋のドン引きした汚れ」3選

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名 (有効回答数)