宇多田ヒカルが電話嫌いを告白 「なぜこんなに億劫なのか」に共感の声

宇多田ヒカルが電話嫌いを告白 「なぜこんなに億劫なのか」に共感の声

宇多田ヒカルが電話嫌いを告白 「なぜこんなに億劫なのか」に共感の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

インターネットが発達したことで、メールだけでなくSNSなどでもコミュニケーションがとれるようになった昨今。さまざまな手段で会話できることになった一方、これまでの手段が面倒になることも。

19日に投稿された宇多田ヒカル(34)のツイートが話題になっている。

■「電話は億劫」とツイート

宇多田は電話をかけることや受けることについて、「なぜにこんなに億劫なのか」と投稿。

人に電話をかけたり電話を受けることがなぜにこんなに億劫なのか、、、

— 宇多田ヒカル (@utadahikaru) June 19, 2017

どうやら電話に対してストレスを感じているようだ。

■「わかる!」と共感の声

ツイッターという性質上、利用者の年代も比較的若いことが予想される。それもあってか、宇多田の投稿にネット民からも多くの共感が。

・電話する時、ソワソワして部屋中歩き回るタイプです

・わかります…相手の顔が見えないから、気を使ってるつもりでも伝わっていない気がして、電話した後の疲れがすごい笑

・かける時のドキドキ感… こっちのリアクションも相手のリアクションも分からないから、声だけでコミュニケーションをするのってキツいですよね…

・電話には、お互いの時間に不法侵入するような所があるからではないでしょうか?

■20代はネットでの会話が好き

電話帳から通話したい相手を選んだまま「発信」ボタンが押せない、ということもあるだろう。

全国20代〜60代の男女1,378名に「苦手なコミュニケーション方法」について調査したところ、年代によって苦手な方法が違うことが明らかに。

まず20代は…

©sirabee.com

20代では「電話」がもっとも苦手のようで、4割という結果に。次いで、「直接会って話す」が苦手のようで、一番楽なのが「メールやSNS」のよう。

自分のタイミングで送受信できるものが好まれているようだ。

■60代は直接会って話したい

一方、60代は…

©sirabee.com

60代の場合は「メールやSNS」がもっとも苦手なよう。やはり、声や顔を確認できる方法が好まれているようだ。

コミュニケーションをするからには、なるべくストレスがかからないほうが良いだろう。とはいえ、年代によっては感じ方の違いがあるため、ビジネス、プライベートの連絡含め、方法を考えてみるのも良さそうだ。

・合わせて読みたい→電話連絡ばかりだと「仕事できない認定」? メールを望む割合は

(文/しらべぇ編集部・らむたそ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日〜2016年12月19日
対象:全国20代〜60代の男女1378名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)