『あなそれ』香子の恋愛論が話題 「目からウロコ」と女子共感

『あなそれ』香子の恋愛論が話題 「目からウロコ」と女子共感

『あなそれ』香子の恋愛論が話題 「目からウロコ」と女子共感

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

20日に最終回を迎えた波瑠主演ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)。離婚を選んだ渡辺夫婦の一方、有島夫婦は結婚継続となり、それぞれが対象的な人生を歩み始めた。

最終回では本筋の他、これまで張られたさまざまな伏線が回収された。小田原(山崎育三郎)の片想いが話題となっていることはすでに既報済みだが、その一方で香子の恋愛論と恋模様にも注目が集まっている。

■香子の恋愛論がかっこいい

美都の家賃4万円の新居を訪れた香子。美都の手料理を食べながら、「バチが当たっていい気味」「その節は大変ご迷惑をおかけしました」などとやり取りする。

すると、突如香子が「でも今は私、幸せだからいいんだけどね」と久しぶりに彼氏ができたことを美都に明かす。それに対し、その彼氏が歴代一位なのか尋ねる美都。

すると香子は以下のようにコメントしたのだ。

「それ比べても仕方なくない?  いや、あの頃好きだった人は、あの頃の自分が好きだった人。冷凍保存でもしとかない限り、今は自分も相手も変わってる」

そして、当時好きだった人はもうこの世にはおらず、亡霊、妖精、そして幻の類いのようなものだと表現した。

■「目からウロコ」「納得すぎる」

過去を過剰に美化することなく、人が常に変わり続ける生き物であることを認めた上で、その時々の感情を大切にして自然体に振る舞う。

香子の合理的かつシンプルな恋愛論に、女性視聴者は大いに共感したようで「目からウロコ」「納得すぎる」などの声が寄せられている。

・過去の恋愛は過去のものって、昨夜、香子って人が言ってたよ #こころ #あなそれ #混ぜるな危険

・でも「今までで1番?」ってところからの香子の返し、私には衝撃で、小さく引っかかってた色んな思いが救われたし、相手にとってもそうなんだろうなって、ものすごく納得できた。時間軸が見えてなかったんだな

・好きな人が好きだったになればまぼろしになるのは自然なこと執着の無意味さ論破する香子ちゃんやっぱり素敵

・香子がもっと早くこのセリフを言っていたら…

・あの頃好きだった人はあの頃の自分が好きだった人ってゆー香子さんの名言ヤバイ! マジで共感しかないっ! あなそれ名言多い! 続編してほしい!

■濃密な恋愛経験ってある?

©sirabee.com

しらべぇ編集部が全国の恋愛経験のある男女965名に調査を行なったところ、「一番濃密だった恋愛経験」は社会人がもっとも多く、6割が該当。以下、大学生が2割、高校生が1割と続いた。

全力でぶつかる恋愛をすると、良くも悪くも長い時間引きずってしまうもの。美都のように恋愛経験が豊富な人は、今カレと歴代の恋人を比べてしまうこともあるかもしれないが、香子的にはそれは不自然なことなのだ。

■彼氏の正体にびっくり

なお、終盤でその恋人の正体が明らかになる。それは美都が勤める眼科の医師・花山司(橋本じゅん)だった。離婚を何回も経験している、一般的に見ればいわくつきな人物だが、過去と比べない香子にとっては些細なことだったようだ。

意外なおまけ付きだった最終回。個性豊かなキャラのその後も気になるばかりだ。

《これまでに配信した『あなたのことはそれほど』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→『あなそれ』小田原の乙女な笑顔に腐女子歓喜 スピンオフの期待も

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」?
? 調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
?対象:全国20〜60代の恋愛経験のある男女965名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)